1. TOP
    2. 科学館のできごと

科学館のできごと

7月21日(金) 取材

四ツ橋にあった電気科学館時代に活躍していた、『カールツァイスⅡ型プラネタリウム投影機』の取材がありました。
毎日新聞さんが記事にしてくださるそうです!



この投影機は、科学館のプラネタリウムホール入り口に展示しています。

掲載が決まりましたら、ホームページ「お知らせ」欄にてお知らせしますね☆

どんなふうに記事になるのか楽しみです♪

ご来館の際は、『カールツァイスⅡ型プラネタリウム投影機』もじっくりと見てくださいね。
展示場4階で8月20日(日)まで開催中の企画展「電気科学館と日本のプラネタリウムの黎明期」も併せてご覧ください!

7月13日(木) 中之島科学研究所 コロキウム

中之島科学研究所第86回コロキウムを開催しました。
渡部 義弥研究員が「データで見るプラネタリウム」と題し、講演しました。



世界有数のプラネタリウム大国である日本には、300以上の館があり、年間800万人が利用しています。日本プラネタリウム協議会では、こうしたデータを毎年取得・解析しており、これらを担当している渡部研究員が、海外のものも含めたデータで見るプラネタリウムの姿を、一般的なイメージと比較しながら紹介しました。

次回は、9月7日(木)15:00~16:45 飯山青海研究員が「隕石から宇宙を知るための初歩」と題し、講演します。
どなたでも無料、申し込みなしで聴講できますので、どうぞお気軽にお越しください。

7月1日(土) 七夕まつり

「七夕まつり」がはじまりました☆彡

アトリウムに高さ約7メートルの大きな笹が登場!

7/7(金)まで、短冊にお願いごとを書いていただけます(7/3を除く 各日先着100名様)。

みなさんは、どんなお願い事を書くのでしょうか?