1. TOP
    2. 科学館のできごと

科学館のできごと

6月 25日(木) 26日(金)

関西テレビの「よ~い!ドン」
プラネタリウムホールのコンソール(解説台)の中までカメラが入りました。

関西テレビの「よ~い!ドン」
かなりお見苦しい事務所にまで・・

2日間にわたり、プラネタリウムを担当している渡部学芸員を密着するという取材がありました。この様子は、7月4日(金)9時55分から関西テレビの「よ~い!ドン」で紹介されます。ご期待ください!

6月 21日(土)

2008年度のサイエンスガイドの事前研修会が始まりました。

サイエンスガイドの研修
まずは、サイエンスガイド・リーダーから研修用資料を受け取ります。

サイエンスガイドの研修
斉藤学芸員による磁石の演示実験を見学中

6月 21日(土)


◆「レオンハルト・オイラー」のパネル展示


◆「アルベルト・アインシュタイン」の写真展

地下1階では、オムニマックス映画「アルプス ~挑戦の山~」の上映を記念して、スイスの生んだ科学者展「レオンハルト・オイラー」と「アルベルト・アインシュタイン」を開催しています(見学無料)。科学館にお越しの際は、ぜひご覧ください。

6月 19日(木)

昭和20~30年代の家電製品
◆昭和20~30年代の家電製品

鉱物いろいろ
◆鉱物いろいろ


◆宇宙服のレプリカ

鉄塔
◆工事中の展示場で、「送電鉄塔」の見学を

岩塩
◆岩塩

今日は、新しい展示場でお披露目する「目玉の展示物」の報道関係者向け内見会が行われました。宇宙服のレプリカやポーランド製の2トンの岩塩、送電鉄塔など約115点を公開しました。
新聞、雑誌など報道関係者13社が参加して行われた内見会。NHKのニュース番組や一部新聞で取り上げていただきましたが、みなさんにご覧いただけるのは、リニューアルオープン日の7月18日(金)です。それまでもうしばらくお待ちください!

6月 14日(土)

展示場改装工事中

科学館では、展示場の工事が着々と進んでいます。
今科学館に来ると、新しい展示物を遠いところからですが、ちょっとだけ見ることができるんですよ。
1階のミュージアムショップの前あたりから、エスカレーターのほうを見てみると、いままさに作成中の展示物が。青い枠組みのものが「水力発電」奥に見える銀色の円形のものが「大型タービン」です。ぜひお越しの際は、チェックしてみてくださいね。
■プラネタリウムホールは通常通り公開しています。みなさまのお越しをお待ちしています。

6月 7日(土)

天体観望会「月と惑星」



今日は、科学館の屋上で観望会が開催されました。土星や季節の星座を見る予定だったのですが・・残念ながら、天気が悪く曇り空のため、星を観察することはできませんでした。
高倍率をくぐり抜けて当選されたみなさんに、せっかく参加していただいたので、学芸員による星や望遠鏡の仕組みに関するレクチャーを行いました。

天体観望会「月と惑星」

直径50cmの大望遠鏡でも、やはり、曇り空には勝てず・・。
星を見る代わりに、望遠鏡のレンズの観察を。
晴れていては、なかなかできない体験ですね。

6月 6日(金)

テレビ大阪「かがくdeムチャミタス」の撮影中

科学館の駐車場で、テレビ大阪「かがくdeムチャミタス」という科学番組の撮影が行われました。
今回は、長谷川学芸員が登場します。手にはホースが握られていて、かたわらには「べんけい君」が一緒です。さて、どんな実験をするのでしょう?
番組は、7月12日(土)9時30分から放送予定です。お楽しみに。

6月1日(日)

「アルプス」オープニングイベント
オムニマックス映画「アルプス~挑戦の山~」の上映を記念して、プラネタリウムホールでセレモニーを行いました。

「アルプス」オープニングイベント
◆3m40cmの手作りホルン◆

地下1階アトウリウムでは、3回にわたり、六甲アルプホルンクラブのみなさんによるアルプホルンの演奏会を開催しました。
ホルンのあたたかい音色が科学館に響きわたりました。

「アルプス」オープニングイベント
たくさんのお客様にご覧いただきました。