1. TOP
    2. 科学館のできごと

科学館のできごと

4月 30日(金)

厳しい研修期間を終え、学芸員補助の西野さんが、初めてプラネタリウム解説を行ないました。これからの西野学芸員補助の活躍にご期待ください。
西野学芸員補助 プラネタリウムデビュー
準備が整いました
西野学芸員補助 プラネタリウムデビュー
今から、プラネタリウムが始まります

4月 24日(土)

天体観望会「月と火星と土星を見よう」を開催しました。昼間は天気が悪く、一時は雨も降っていましたが、夕方4時頃から急速に回復し、観望会の時間にはほとんど雲のない絶好の日和となりました。
半月をちょっと過ぎた月や、串だんごのような土星、1月に最接近した後、遠ざかりつつ
ある火星などを望遠鏡で観察しました。
またそろそろ見おさめの冬の星座や、見ごろとなった春の星座の星たちを探しました。
天体観望会「月と火星と土星を見よう」

天体観望会「月と火星と土星を見よう」

4月 22日(木)

ただいま展示場の4階では、24日(土)からはじまる 企画展「ノーベル賞を受賞した日本の科学者」の準備を急ピッチで進めています。
さて2日後には、どのような展示がみられるのでしょうか?お楽しみに。
 企画展「ノーベル賞を受賞した日本の科学者」

4月 10日(土)

本日おかげさまで、全天周映像「HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-」の観覧者が5万人に達しました。
記念すべき5万人目の観覧者は、尼崎市からお越しの橋野さんご家族でした。橋野さんは、「5万人目で、はじめは驚いたけれど、嬉しかったです。ぜひはやぶさが地球へ帰ってきてほしい。これからもはやぶさのニュースに注目します」とおっしゃっていました。
みなさんもぜひご覧ください!
5万人目の観覧者の橋野さんご家族
5万人目の観覧者の橋野さんご家族
副館長の中井と一緒に

4月 9日(金)

3月28日(日)に開催した「科学館'Sコレクション サイエンスウェア・ファッションショー」。現在、そのファッションショーに登場したサイエンスウェアを館内で展示しています。
優秀デザイン賞を受賞した、松島瑠奈さんデザインの「Happy Science」や宝塚造形芸術大学の学生さんたちが制作したウェアも展示しています。
展示は4月25日(日)までです。ぜひ間近で作品をご覧ください。
展示場の入口
展示場の入口
展示場3階
展示場3階

4月 7日(水)

今日から始まりました「エキストラ実験ショー」。科学デモンストレーターが、通常のサイエンスショーとは違う内容の実験ショーを行ないます。今日のテーマは、「見える見えないのふしぎ」。偏光板という不思議なフィルムを使ったショーです。こちらのショーもお見逃しなく!
◇今後のスケジュールはこちら
エキストラ実験ショー

4月 3日(土)

工作教室「手作り万華鏡教室」を行ないました。完成したての万華鏡を嬉しそうにのぞいている姿があちらこちらで見られました。
工作教室「手作り万華鏡教室」

工作教室「手作り万華鏡教室」

工作教室「手作り万華鏡教室」

工作教室「手作り万華鏡教室」



4月 2日(金)

「第10回 日本万華鏡大賞公募展 大阪展」を4月4日(日)までを開催中しています。
なんと56点のさまざまな万華鏡が大集合!実際に覗いたり、触れたりすることができる万華鏡もあります。万華鏡の世界をお楽しみください。
これも万華鏡!
これも万華鏡!
これまでのグランプリ作品も展示しています
これまでのグランプリ作品も展示しています