1. TOP
    2. 科学館のできごと

科学館のできごと

11月 27日(土)

6倍の倍率!をくぐり抜けて当選した方々にお集まりいただき、天体観望会「木星を見よう」を開催しました。
空は少し霞がかっていましたが、ひときわ輝く「木星」を望遠鏡で見ていただきました。直径50センチの望遠鏡では、しま模様も見え、“感動した!”と言う方も。
夕方の空には夏の代表的な星座たちもまだ見えるんですよ。その中の、はくちょう座の二重星「アルビレオ」も観察できました。
寒いなか、お越しいただいたみなさん、ありがとうございました。
直径50センチの望遠鏡
直径50センチの望遠鏡
科学館の屋上で
科学館の屋上で

11月 23日(火・祝)

大人限定!の「大人の化学クラブ2010-香りの化学-」第1回を行ないました。いろいろな薬品をまぜて、合成香料を作ったり、 天然香料を混ぜ合わせて「におい袋」を作ったり、と様々な実験を行ないました。
みなさん、和気あいあいと楽しみながらも、薬品を使うときは真剣です。みなさんも、学生以来(でしょうか?)久しぶりに科学実験をしてみませんか?
大人の科学クラブ



自然の科学の基礎を訪ねる

自然の科学の基礎を訪ねる



11月 23日(火・祝)

特別サイエンスショー「びっくり!どっきり!ドラム缶つぶし」は今日で最後です。さてさて、実験は成功するのでしょうか??
今日もこんなにたくさんの方にお越しいただきました
今日もこんなにたくさんの方にお越しいただきました
今日使うドラム缶が告知用の看板に。
今日使うドラム缶が告知用の看板に。
まずは、ドラム缶に水を少し入れ、火をつけます。
まずは、ドラム缶に水を少し入れ、火をつけます。
ドラム缶があたたまるまで、お客さんと一緒に空気の実験を。
ドラム缶があたたまるまで、お客さんと一緒に空気の実験を。
空気のちからで、ボーリングの球が浮きあがっています!
空気のちからで、ボーリングの球が浮きあがっています!
よくあたたまったところで、ドラム缶にフタをします
ドラム缶の中が水蒸気でいっぱいになったら、ふたをします。
あとは、冷やして「その時」をまつだけ…
あとは、水をドラム缶にかけ冷やして「その時」をまつだけ…
きょうもこんなにたくさんの方にお越しいただきました。
ドラム缶がつぶれる瞬間!見事、ぺちゃんこに!大成功でした。

11月 20日(土)、21日(日)

毎年、恒例の「自然の科学の基礎を訪ねる」を開催しました。
中・高・大学生の「科学館大好きクラブ」のメンバーが5つのエリアの展示の解説をしました。
自然の科学の基礎を訪ねる

自然の科学の基礎を訪ねる

自然の科学の基礎を訪ねる

自然の科学の基礎を訪ねる

自然の科学の基礎を訪ねる
地下1階で行なわれた「キッチンサイエンス」にはたくさんの人が。

自然の科学の基礎を訪ねる
いつもおうちの台所で見るあるものを使って、実験を。みんな真剣です。



11月 6日(土)、7日(日)

2日間にわたり「第11回こどものためのジオ・カーニバル」を開催しました。
10以上の展示・製作ブースは、常に小さなお子さんから大人の方までたくさんの人でにぎわっていました。4つのテーマのセミナーでは、楽しそうにそして真剣な様子の子どもたちの姿が印象的でした。
【展示・製作ブースの一部をご紹介します】
「紙で動く恐竜を作ろう」
「紙で動く恐竜を作ろう」
「大阪の星座早見盤づくり」
「大阪の星座早見盤づくり」
<科学館で化石探し>発見!
「ようこそ!!ちがくのせかいへ6」
<科学館で化石探し>化石見~つけた!
「山あり谷ありB.Hあり!!宇宙すごろく☆」
「山あり谷ありB.Hあり!!宇宙すごろく☆」
クイズの答えを考え中

【セミナーの一部をご紹介します】
「光のフシギ~分光器で虹をみよう~」
「光のフシギ~分光器で虹をみよう~」
黒い箱「分光器」を実際に作って、
いろいろな光をみてみました。
「地下水の流れと利用」
「地下水の流れと利用」
雨水が浸透する様子を、ジオラマを用いて、
みんなで観察しました。