1. TOP
    2. 科学館のできごと

科学館のできごと

6月 26日(日)

「かわり七夕飾り」ワークショップの2回目を行ないました。江越学芸員の七夕のお話しのあと、みんなで楽しく、コンテナくんを作りました。
めったに見られらない「打ち上花火」の装置も展示しています。

めったに見られらない「打ち上花火」の装置も展示しています。

取材では、担当の岳川学芸員が展示の解説をしました。

6月 25日(土)

今日は、ケーブルテレビ「ほっとネットベイコム」が、開催中の「花火の化学展」を取材にきてくれました。6月27日(月)から7月3日(日)までのリピート放送です。ぜひご覧ください。詳しくはこちら

 

めったに見られらない「打ち上花火」の装置も展示しています。
めったに見られらない「打ち上花火」の装置も展示しています。


取材では、担当の岳川学芸員が展示の解説をしました。
取材では、担当の岳川学芸員が展示の解説をしました。

6月 21日(火)

展示場1階「電気とエネルギー」に新しい展示物「超電導ケーブル」が仲間入りしました。
ケーブル内の超電導線が液体窒素で冷やされると、電気抵抗のない電線になるという夢のケーブルです。
ぜひ実物を見に来てくださいね。
超電導ケーブル

ガラスのケースに入っているのが「超電導ケーブル」寄贈:住友電気工業株式会社
ガラスのケースに入っているのが「超電導ケーブル」寄贈:住友電気工業株式会社
■詳しくは超電導Webサイトをご覧ください。

6月 17日(金)

朝日放送「おはよう朝日です」の番組内のコーナーの取材で、今をときめくNMB48の山田奈々さん・福本愛菜さん・山岸奈津美さんが学芸員のお仕事を体験しにきてくれました。
「NMB48の課外授業」という約6分間のコーナーなのですが、朝の8時ごろから撮影はスタート。なんと撮影が終わったのはなんと午後4時をまわっていました。
今回は、取材の様子や放送では紹介されなかった部分もご紹介します。
早朝から元気いっぱいのNMB48のメンバー。カメラの後ろには、こんなにたくさんのスタッフが…
早朝から元気いっぱいのNMB48のメンバー。カメラの後ろには、こんなにたくさんのスタッフが…
めったに入ることができない、プラネタリウムホールのコンソール(解説台)で。
めったに入ることができない、プラネタリウムホールのコンソール(解説台)で。
テレビの撮影に加えて、朝日新聞の撮影も行ないます。大忙しのNMB48。
テレビの撮影に加えて、朝日新聞の撮影も行ないます。大忙しのNMB48。
倉庫では、こんなに細い通路の先で撮影を。
倉庫では、こんなに細い通路の先で撮影を。
朝日放送「おはよう朝日です」

朝日放送「おはよう朝日です」
倉庫から「電卓」を運びだし、きれいに掃除をしたところまでは、放送されたのですが、そのあと展示場で実際に展示して、お客さまに「電卓」の解説を行ないました。
そのあとは、体験型の展示物を体験を。常にとっても楽しそうなNMB48のメンバーたちでした。
朝日放送「おはよう朝日です」

朝日放送「おはよう朝日です」

6月 12日(日)

研修室では、第4回「“宇宙(天文)を学べる大学”合同進学説明会」出張オープンキャンパス ~研究室ってどんなとこ? 研究者ってどんな人?~を開催しました。
会場は、学生の方などで常に満員。みなさん、熱心に各大学の説明に耳を傾けていました。
ポスターセッションの様子
ポスターセッションの様子
天文に関する講演会も行ないました。
天文に関する講演会も行ないました。
近畿大学 井上先生による「端はないが、有限な宇宙」

6月 12日(日)

小惑星探査機「はやぶさ」が地球に帰還した感動的なニュースから明日で一年がたちます。そこで、科学館では、帰還一周年を記念して、全天周映像「HAYABUSA -BACK TO THE EARTH- 帰還バージョン」の特別上映を行ないました。
チケットは開演の1時間前に完売してしまいました。
チケットは開演の1時間前に完売してしまいました。
上映前に、総合プロデューサーの飯山(大阪市立科学館 学芸員)よりご挨拶
上映前に、総合プロデューサーの飯山(大阪市立科学館 学芸員)よりご挨拶

上映終了後、「HAYABUSA」のDVDなどを買っていただいた方対象に、飯山のサイン会を行ないました。
天文に関する上映も行いました。
はやぶさの模型をもってきてくれた男の子。なんと手作りです!
天文に関する講演会も行いました。
サイン会には長い列が。

6月 11日(土)、12日(日)

先週からはじまった、プラネタリウム・キッズタイム「たなたばたのおはなし」。このプラネタリウムは、3歳から7歳ごろまでのこどもたちを対象にしたプログラムです。
プラネタリウム・キッズタイム「たなたばたのおはなし」
まわりのおともだちとおしゃべりしたり、大きな声でうたったり、手を挙げたり指をさしたり、みんなでわいわい楽しそう♪
では、プラネタリウムを見たこどもたちに感想をきいてみました。
「七夕のアニメがおもしろかった!」「土星にいったのが楽しかった」「星がいっぱいあることがわかった」などなど。
奈良県のまこと君とさきちゃん
奈良県のまこと君とさきちゃん
豊中市の聡史君
豊中市の聡史君
貝塚市のぞむくんとゆいちゃん
貝塚市のぞむくんとゆいちゃん
堺市のほのかちゃんとみいなちゃん
堺市のほのかちゃんとみいなちゃん

みなさん、「また見たい!」と言ってくれました。アンケートに快くご協力いただいたみなさん、どうもありがとうございました。

6月 5日(日)

万博記念公園では、5月29日の雨で順延していた「第4回 万博公園 理科実験野外教室」が開催されました。
「発泡バブでフィルムロケットを飛ばそう!!」!や「紙飛行機でコンテスト」、「伊能忠敬に挑戦~歩いて距離を測ろう~」など野外だからこその実験が味わ えるイベントが盛りだくさんでした。
この日は雨こそ降りませんでしたが曇り空続きで、太陽に関わる実験などはあまりできませんでしたが集まってくれた子どもたちはのびのびと体を動かして、実験を楽しんでいました。

 

炭づくりと火起こし
炭づくりと火起こし

見てわかるおとのようす
見てわかるおとのようす

「紙飛行機でコンテスト」自分で紙飛行機を作って飛距離を競います。
「紙飛行機でコンテスト」自分で紙飛行機を作って飛距離を競います。

電気や光で通信してみよう
電気や光で通信してみよう

「太陽光のエネルギーを集めてみよう」曇っていたので、仕組みを説明。
「太陽光のエネルギーを集めてみよう」曇っていたので、仕組みを説明。

「ソーラーバルーンを揚げよう」 雲の隙間から太陽がでて少しだけ上がりました。
「ソーラーバルーンを揚げよう」 雲の隙間から太陽がでて少しだけ上がりました。

伊能忠敬に挑戦~歩いて距離を測ろう~ 伊能忠敬に挑戦~歩いて距離を測ろう~
「伊能忠敬に挑戦~歩いて距離を測ろう~」
木までの歩数や測量計の数字を計算式に当てはめると木の高さがわかります。


腹上ブロック割り
「腹上ブロック割り」
6千本の釘を打ち込んだ板の上に寝転び、2千本の釘を打ち込んだ板をお腹に乗せて、その上に合計10kgのブロックを乗せます。ブロックを割った後、体はどうなってるでしょうか?


ご無事でした~!
ご無事でした~!

「発泡バブでフィルムロケットを飛ばそう!!」  お風呂の入浴剤でロケットが!!
「発泡バブでフィルムロケットを飛ばそう!!」
お風呂の入浴剤でロケットが!!


巨大シャボン玉をつくろう
巨大シャボン玉をつくろう



炭づくりと火起こし
炭づくりと火起こし

6月 4日(土)

かわり七夕飾り」ワークショップの1回目を行ないました。
次回は、6月26日(日)です。みんなで「コンテナくん」をつくって、願いごとをかいてみませんか?ご参加お待ちしています。


まずは、科学館の嘉数学芸員が「たなばた」についてお話しました。

「おりひめ・ひこぼしコンテナくん」の制作スタート!左は、このペーパークラフトを作った和田さん。
「おりひめ・ひこぼしコンテナくん」の制作スタート!左は、このペーパークラフトを作った和田さん。

コンテナをテーマにして活動している、現代美術家の谷川さんも一緒に(写真中央)。
コンテナをテーマにして活動している、現代美術家の谷川さんも一緒に(写真中央)。

最後に、出来上がった「コンテナくん」に願いごとを書いて、飾りました。
最後に、出来上がった「コンテナくん」に願いごとを書いて、飾りました。

6月 3日(金)

今日から、プラネタリウムとサイエンスショーのテーマが新しくなりました。

サイエンスショー「きれいな光、イロイロ」 サイエンスショー「きれいな光、イロイロ」

サイエンスショー「きれいな光、イロイロ」では、なぜか電気スタンド(かな?)や電子レンジなども登場します。何に使うの??と思ったみなさん、ぜひ科学館へ見に来てくださいね。どんな「光」が見られるかは、見てからのお楽しみに。