1. TOP
    2. 科学館のできごと

科学館のできごと

9月 24日(土)

ゴッホの代表作「ローヌ川の星月夜」。この作品で、ゴッホはそこから見えるはずのない北斗七星を描いています。ゴッホは何を想い、何を託して、北斗七星を描いたのでしょうか?
このなぞに迫るスペシャルナイト ゴッホ作「ローヌ川の星月夜」のナゾを開催しました。
最初に、現在投影中のプラネタリウム「ゴッホが描いた星空」をご覧いただいた後、ゴッホ研究の第一人者である大阪大学の圀府寺 司教授に講演していただきました。

 

「星に願いを ~ファン・ゴッホはなぜ星を描いたのか~」
「星に願いを ~ファン・ゴッホはなぜ星を描いたのか~」


近代美術の専門家である大阪市立近代美術館建設準備室の 小川知子学芸員による講演「ファン・ゴッホとその時代」
近代美術の専門家である大阪市立近代美術館建設準備室の
小川知子学芸員による講演「ファン・ゴッホとその時代」


パネルディスカッション
このイベントを企画した石坂学芸員の司会進行で
パネル・ディスカッション
(左から、圀府寺 司 教授、小川 知子 学芸員、
株式会社イーハトーヴ 村上 明美氏)
名作に隠された北斗七星のナゾについて
天文学的観点からの興味深いお話でした。
お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。

9月 19日(月・祝)

9月からサイエンスショーのテーマが新しくなりました。
「プラスチックでおもしろ実験!」のショーをのぞいてみると、実験テーブルの上にはオーブントースターが!!プラスチックがどうなってしまうのでしょう か?!ぜひ科学館に見に来てくださいね。

 

これからなにが起こるのでしょうか?
これからなにが起こるのでしょうか?


みなさん熱心に見てくださいました
みなさん熱心に見てくださいました

9月 14日(水)

中之島科学研究所 第20回コロキウムを行ないました。本日は、石坂千春研究員が「ローヌ川の星月夜」に描かれている星について、天文学的考察を行なった結果を発表しました。

 

中之島科学研究所 第20回コロキウム


次回のコロキウムは、10月12日(水)です。担当は渡部研究員の予定です。どなたでも無料、申し込みなしで聴講できますので、どうぞお気軽にお越しください。

9月 13日(火)

NHK大阪放送局「ぐるっと関西おひるまえ」の取材がありました。
「川柳を楽しもう!」の【まちかど川柳】コーナーに科学館のスタッフが出演します。スタッフみんな悩みながら句を考えました。
放送日は9月22日(木)午前11時30分から。どんな川柳がでてくるか、お楽しみに!

 

加藤館長 「惑星大きさくらべ」の前で一句
加藤館長 「惑星大きさくらべ」の前で一句


DNA分子模型の前で岳川学芸員が一句
DNA分子模型の前で岳川学芸員が一句

9月 1日(木)

今日は、秋以降に校外学習で科学館に来られる学校の先生向けに、団体説明会を行ないました。学芸員が館内の見学について説明し、展示場を案内しました。

 

説明会 説明会 説明会