1. TOP
    2. 科学館のできごと

科学館のできごと

2月 18日(土)

スペシャルナイト「イトカワ着陸×地球帰還」を開催しました。
全天周映像「HAYABUSA-BACK TO THE EARTH-」2009年度版を観覧後、本田さんと飯山学芸員のトークショーが始まりました。
大学院生時代に「はやぶさ」のイトカワ着陸の解析をされていた本田さんに当時携わっていたお仕事を語っていただきました。
そして、プロジェクトマネージャの川口淳一郎さんとのマル秘エピソードも聞けました。飯山学芸員は、オーストラリアで「はやぶさ」の地球帰還を撮影した話を紹介しました。途中、初の試みとして、プラネタリウムホールに帰還の日の夜空を再現し、撮影した映像を使って、「はやぶさ」と「カプセル」が西から東へと星々の間を流れていく様子を映しだし、客席からは『おぉ!』という声があがっていました。

本田さんはイトカワ着陸前のデータ解析に参加されました。

本田さんはイトカワ着陸前のデータ解析に参加されました。

飯山学芸員は帰還カプセルの撮影に参加しました。

飯山学芸員は帰還カプセルの撮影に参加しました。

帰還カプセルの撮影を語る 飯山学芸員

帰還カプセルの撮影を語る飯山学芸員

本田隆行さんから マル秘エピソードが飛びだしました!

本田隆行さんからマル秘エピソードが飛びだしました!

ドームにイトカワ登場!

ドームにイトカワ登場!

そのほか、事前にいただいた質問に答えたりと、終始和やかな雰囲気で楽しいイベントとなりました。

2月18日(土)

今日は、 松竹配給の「おかえり、はやぶさ 3D」の試写会に行ってきました。土曜日ということもあって、映画館は人であふれかえっていました。席に着くと、子どもの多さに驚きました。そう、「おかえり、はやぶさ」では子どもたちにも楽しんでもらおうと、子ども連れ家族のみなさんを試写会に招待していました。

さて本編が始まりました。JAXA、宇宙航空研究開発機構が舞台となり、話は進みます。JAXAにはプロジェクトチームがいくつもあり、映画は「のぞみ」という火星探査機のプロジェクトチームの話から始まります。 のぞみは火星を目の前にしてプロジェクトは失敗に終わります。そんな逆境の中「はやぶさ」は宇宙へ出発するのです。はやぶさは数々の困難を乗り越えて、7年の歳月を経て地球へ帰還します。しかし帰還できたのは、はやぶさが切り離したカプセルのみで、はやぶさ自身は大気圏に突入した時に燃え尽きてしまいます。

松竹映画「おかえり、はやぶさ3D」

(c)2012「おかえり、はやぶさ」製作委員会

小惑星イトカワから採取した石が入ったカプセルを切り離す瞬間は胸が痛くなります。それはいったいなぜなんでしょうか?はやぶさという小惑星探査機に人生をかけた人達。その人達を見て成長していく人達をはやぶさに重ねているのでしょう。「おかえり、はやぶさ」では数々の人間模様が描かれています。杏さん扮するJAXA研究員・野村奈緒子が子どもだった頃、三浦友和さん扮するのぞみプロジェクト・リーダー・大橋伊佐夫の講演を聞いて宇宙への想いを強くしたこと。その野村奈緒子がのぞみプロジェクト失敗で講演依頼を一切断っていた大橋伊佐夫を説き伏せるシーン。また大橋伊佐夫の息子ではやぶさプロジェクトのイオンエンジン開発担当の藤原竜也さん演じる健人との父と子がぶつかり合いながらも少しづつお互いを理解していく姿は感動的で思わず涙が流れてきました。

杏さん、藤原竜也さん、本木克英監督

杏さん、藤原竜也さん、本木克英監督

「おかえり、はやぶさ3D」は3D映像の迫力も当然凄いのですが、このような人間ドラマが散りばめられた感動的な映画に仕上がっています。試写会最後では、監督の本木克英さん、主演の藤原竜也さん、杏さんが登場。映画への想いを熱く語っていました。一般上映は3月10日(土)から。
くわしくは、「おかえり、はやぶさ3D」オフィシャルサイトをご覧ください。

2月16日(木)

今日は、ケーブルテレビ ケイ・キャットの取材がありました。 リポーターの檜垣さんとゆうきくん、こりんちゃんが科学館で 見て・触れて・体験したことを紹介してくれます。 放送日は3月末予定です。お楽しみに~!

4階「力くらべ」の展示にて。どっちが勝つかな?

4階「力くらべ」の展示にて。どっちが勝つかな?

2人なかよく 「サイクリング発電」

2人なかよく 「サイクリング発電」

プラネタリウムのご感想は?

プラネタリウムのご感想は?

2月15日(水)

展示場4階にて、朝日放送「映画のアナ」の撮影がありました。古川アナウンサーが松竹映画「おかえり、はやぶさ」を紹介!3月4日(日)放送予定です。ぜひ、ご覧ください。

展示場4階で撮影しました

展示場4階で撮影しました

映画紹介をする古川アナウンサー

映画紹介をする古川アナウンサー


午後からは、中之島科学研究所 第26回コロキウムを行ないました。本日は、飯山青海研究員が「はやぶさ帰還カプセルのカラー動画撮影」 について、講義を行ないました。

中之島科学研究所 第26回コロキウム

次回のコロキウムは、3月14日(水)です。担当は加藤主任研究員の予定です。どなたでも無料、申し込みなしで聴講できますので、どうぞお気軽にお越しください。

2月11日(土・祝)

楽しいお天気教室「雪の結晶をつくろう」を開催しました。気象予報士の方々に、雪の結晶の種類や、どのように雪ができるのかを教わったあと、実際に雪の結晶をペットボトルの中で作りました。ペットボトルにつるしたワイヤーに、ライトを当てると…キラキラと光る結晶が!みなさん真剣にじわじわとできあがる結晶を観察していました。
工作室で楽しく観察しました
工作室で楽しく観察しました
ミニ竜巻コーナーもありました。
ミニ竜巻コーナーもありました
真剣に結晶を観察中です。
真剣に結晶を観察中です
気象予報士の方々です
気象予報士の方々のお話です
ペットボトルの中に結晶が!
ペットボトルの中に結晶が!

2月5日(日)

茨城県の日立シビックセンター科学館で開催された「サイエンスショーフェスティバル」に参加してきました。 全国の6つの科学館の実験ショーが披露された中、当館からは科学館の研修を修了した科学デモンストレーターの吉岡亜紀子さんが、「見える見えないのふしぎ」という実験ショーを披露しました。 大阪の実験ショーは、茨城のお客様にも楽しんでいただくことができました! そして、全国の科学館関係者からも褒めていただきました。
科学デモンストレーターは、科学館のエキストラ実験ショーなどで活躍中です。 ぜひ一度みなさんも、見にきてくださいね。
科学デモンストレーターの吉岡さんの実験ショーのようす
科学デモンストレーターの吉岡さんの実験ショーのようす
会場となった日立の科学館の多目的ホールのようす
会場となった日立の科学館の多目的ホールのようす


同じ日、大阪市立科学館では、オーロラ・スペシャルイベント「ミニオーロラを つくろう!」と「オーロラを奏でよう!」を実施しました。
先ず「ミニオーロラをつくろう!」からご紹介しましょう。
13:00と15:00、計2回実施し、 現代美術作家の中西さんが講師として指導して いただきました。各回30分前に整理券を配布したのですが、 配布時刻前から並んでいる人がいて、あっという間に配布終了と なりました。 ミニオーロラというのは、お湯につけると柔らかくなるプラスチック 「おゆまる」を使った、手のひらサイズの立体造形物です。3色の おゆまるを混ぜて引き伸ばすと、きれいなオーロラに見えてきます。 参加者のみなさんは、中西さんのオーロラを見た時の感想や、 写真を見ながら、イメージを膨らませていました。中には何度もやり直す 熱心な方もいました。
これはヒノデワシの協賛で使用 させていただいたものです。一般に市販されていますので、 みなさんも是非挑戦してみてください。
プラスチックの「おゆまる」をお湯につけます。
プラスチックの「おゆまる」をお湯につけます。
みんな上手にできたかな?
みんな上手にできたかな?
次に「オーロラを奏でよう!」をご紹介します。
これは、14:00と16:00の計2回実施し、ミュージシャンの クラフトワイフ赤松さんにライブとワークショップを行ないました。オーロラの電波を音に変換し、その音を iphoneという携帯電話の音楽ソフトに保存します。iphoneの パネルを叩くだけで音がなります。参加者のみなさんは 赤松さん指導の下、「きらきら星」を演奏しました。 またライブでは幻想的な音色を奏でる赤松さんに、みなさん聴き入っていました。
これら二つのイベントでは、最初の10分程度、科学館の渡部学芸員によるオーロラ・ミニレクチャーも 実施しました。オーロラがどうして北極と南極で見られるのか? オーロラはどうしてあんなきれいな色をしているのか?などの解説に参加された方々は大きくうなずいていました。
みんな上手にできたかな?
みんなで「きらきら星」を演奏中♪
みんな上手にできたかな?
オーロラ・ミニレクチャーの様子
地下1階アトリウムでは、プラネタリウム「オーロラの世界」で写真提供していただいたみなさんの写真を展示して います。(2月29日(水)まで開催)

2月4日(土)

本日は「よくわかる放射線教室」を開催しました。事前に応募いただいた方々に、集まっていただき、放射線はどのようなものなのか、講師の舟生(ふにゅう)先生のレクチャーを聞いた後、風力発電ができる模型を作りました。また、霧箱を使って放射線を観察しました。
舟生先生のレクチャー中
舟生先生のレクチャー中
風力発電のある模型を製作中
風力発電のできる模型を作成中
うちわで仰ぐとくるくる回転
うちわで仰ぐとくるくる回転
霧箱の観察
霧箱の観察