1. TOP
    2. 科学館のできごと

科学館のできごと

3月26日(火)

4月6日(土)より全天周映像「銀河鉄道の夜」の 投影が始まります。来年の3月末まで、毎週土、日、祝日の15:00から投影します。地下1階研修室入り口近くに、デジタルファインアーティストKAGAYA氏の幻想的な大型ポスターを設置しました。記念撮影にもぴったりですね。

全天周映像 銀河鉄道の夜

3月26日(火)

本日から3月31日(日)まで、第13回 日本万華鏡大賞公募展 大阪展を地下1階研修室で開催しています。また、会場では3月30日(土)、31日(日)の万華鏡工作教室の受付も行なっています。入場は無料ですのでお気軽にお立ち寄りくださいね。

日本万華鏡大賞公募展 大阪展

日本万華鏡大賞公募展 大阪展

3月24日(日)

本日は電気記念日スペシャルイベントとしていろいろな催し物を開催しました。お子さまから大人の方までたくさんの方にご参加いただき、おおいににぎわいました。次回開催時にはぜひご参加くださいね。


≪スペシャル・サイエンスショー≫
スーパー磁石&超伝導
場所:地下1階 アトリウム「特設ステージ」
電気と磁石の実験です。たくさんの方にご覧いただきました。
予想外の現象にみなさん驚かれていたようです。

 


スペシャル・サイエンスショー
演者は奥出さんと木村さんです

電気と磁石のいろいろ実験!
場所:地下1階 研修室
ボランティアの「サイエンスガイド」のプチサイエンスショーを行なっています。また、電気に関する展示物を地下1階研修室前に集めています。


電気と磁石のいろいろ実験!
何がおこるかな
電気と磁石のいろいろ実験!
磁石の実験
電気と磁石のいろいろ実験!
どんなふうに動くかな
電気と磁石のいろいろ実験!
不思議だね
電気と磁石のいろいろ実験!
上手に実験できたかな
電気と磁石のいろいろ実験!
「金属がジャンプ」

自然科学の基礎を訪ねる~科学館ナビ!~
場所:展示場
中・高・大学生が中心の科学館大好きクラブのメンバーが、科学館の展示物をわかりやすくガイドします。


自然科学の基礎を訪ねる
どんな実験をするのかな
~科学館ナビ!~
お兄さんの説明わかったかな?
 自然科学の基礎を訪ねる
実験上手にできるかな
自然科学の基礎を訪ねる
さぁ、どうなるかな


さぁ、どうなるかな

3月16日(土)

本日はスペシャルナイト電気科学館開館75周年記念特別企画"わが町"の天象儀(プラネタリウ)を開催しました。
新聞にも掲載されたこともあり、チケットは早々に売り切れになりました。購入できなかった方は本当に申し訳ありません。
スペシャルナイト わが町
まず、プラネタリウムホール入り口に展示してあるカール・ツァイスⅡ型投影機の点灯式を行ないました。
この投影機は、24年前、電気科学館閉館時に分解し、大阪市で科学館に搬入し、再度組み立てたものです。ずっと静展示していたもので、ランプを灯すのは24年ぶりとなります。ランプは、投影機に取り付けたものの他には予備はもうなく、切れたらそれで終わりになってしまいます。幸いにも切れずに灯り続け、素晴らしい復活となりました。ご参加のみなさまは学芸員の解説に熱心に耳を傾けられ、写真を撮っておられました。
スペシャルナイト わが町
加藤館長
スペシャルナイト わが町
電気科学館
その後、長年プラネタリウムに携わった加藤賢一・大阪市立科学館館長の講演を行ないました。当時、四ツ橋にあった国内初のプラネタリウムである電気科学館について時代背景、展示品の数々、プラネタリウムなどをお話しました。参加者のみなさんは興味深く聞いていました。当時の電気科学館に通われたお客様も多数参加いただき、それぞれの思い出を楽しまれたようです。
その後、「わが町」の上映が行なわれました。
 川島雄三監督作で明治末、意地と正義の一徹さで娘と孫娘を育て上げた男の涙の一代記です。原作は、大阪ゆかりの作家・織田作之助です。ラストシーンに電気科学館のプラネタリウムが登場しました。
 上映中は時々笑いがおきたり、涙をこらえてはなをすする音が聞こえました。
わが町
(C)日活
一夜限りのスペシャルナイト、、お楽しみいただけたでしょうか。
科学館では色々なイベントを企画しています。ぜひまたご参加ください。

3月 16日(金)

展示場3階のサイエンスショーコーナーに行ってみると、3月からの新しいサイエンスショーテーマ「虹のひみつ」を実演していました。お客さんが何かカードのようなものを手に持って、ライトへ向けてのぞいています。
どんなふうに見えるのでしょうか?見に来て試してくださいね。

サイエンスショー「虹のひみつ」

そして、同じく3月からプラネタリウムのテーマも新しくなりました。
「神秘の太陽 金環日食」です。5月21日(月)の早朝、大阪では282年ぶりに金環日食が見られます!実際の空で見る前に、このプラネタリウムを観てください。観察方法や日食のしくみなどがわかりますよ。また、「さがせ!第2の地球」も5月27日まで投影しています。ぜひ科学館に遊びに来てくださいね。

プラネタリウム「神秘の太陽金環日食」「さがせ!第2の地球」

3月13日(水)

本日は、中之島科学研究所 第38回コロキウムを行ないました。
片平順一研究員が「星の「虹」を楽しむ方法」と題して講演しました。
第38回コロキウム
次回のコロキウムは、4月11日(木)です。どなたでも無料、申し込みなしで聴講できますので、どうぞお気軽にお越しください。

3月1日(金)

学芸員が考案した新展示が仲間入りしました。ぜひ実物を確かめにきてくださいね♪
オーロラ
【オーロラ】 展示場 4階
オーロラは、宇宙からやってくる粒子が地球の大気に飛び込んで来て、高度の高いところで大気を光らせる現象です。残念ながら、高緯度地域でしか見ることがません。この実験装置は、真空鐘の中で、電極から電子を放出させ、オーロラと同じ原理で光らせています。
3Dの虹
【3Dの虹(すりーでぃーのじに)】展示場 4階
CDは、光の中に混ざっている、いろいろな色を分けることができます。そしてCDを回転させることで、光が分けられたできた虹を立体的に見えるようにした展示です。
オーロラ
【磁石の花】 展示場 4階
人気のあった磁石の花のケースが透明になり、さらに見やすくなりました。装置の中心には強力な磁石があり、その磁力でまるで花が咲いたようにモールが模様を作ります。磁石を回転させると模様が動きます