1. TOP
    2. 科学館のできごと

科学館のできごと

10月29日(火)

ミュージアムウィークス大阪2013「もっと!お宝大公開」がはじまりました。
科学館ではコッククロフト・ウォルトン型加速器をご紹介しています。


アンケートにご協力いただきましたら、
「大阪てくてくミュージアムGUIDE2013」(写真左の白い冊子です)を
プレゼントしています。
内容もりだくさんのとっても読みごたえのある冊子です。
数に限りでありますのでお早めにお越しくださいね。

10月26日(土)

本日は特別講演会「色の彩(さい)えんす」を開催しました。
内容は“色に関する講演と座談会”です。

タマムシの翅やクジャクの翅に見られる構造色と、空にかかる虹や虹のように見える様々な気象現象について、全天画像もまじえながらお話ししました。

講師は針山孝彦氏(浜松医科大学教授、構造色研究会会員)と武田康男氏(空の写真家)です。

最初に針山氏による「構造色についてのお話」で玉虫色で有名な美しい色をもつタマムシを例に構造色についてお話しました。

続いてに武田氏の「空に見られる様々な色についてお話とスライドショー」と題して美しい空の映像を多数ご紹介しました。

その後、座談会では吉岡伸也氏(大阪大学助教)と長谷川学芸員も加わり、興味深い話題がたくさん出ました。

最後の質問コーナーでは「タマムシの目から見たら、景色はどのような色に見える?」など
ユニークな質問が多く、おおいに盛り上がりました。

座談会でふれました美しい色を持つモンフォチョウ。
企画展「色の彩えんす」でも展示中です。

大阪市立科学館では今後もいろいろなイベントを行っていきます。
ぜひご参加くださいね。

▶企画展「色の彩(さい)えんす」
▶1月開催のスペシャルナイト「オーロラ」

10月24日(木)

ある日の午後、石川県にある『宇宙科学博物館 コスモアイル羽咋』から宇宙人サンダーくんがこっそりと大阪市立科学館に来館しました。

展示場を見学したり、ショップでお買い物されたようです。
ぜひまたご来館くださいね。

こっそりと展示場へ向かうサンダーくん



熱心にメモをとるサンダーくん





1階に展示してある隕石。持ち上がりませんでした…

警備員に呼び止められたサンダーくん

10月14日(月・祝)

本日は科学教室「きれいな色に染めてみよう」 (18歳以上の部)を開催しました。
今回は少人数でのご参加となり、アットホームな雰囲気の講座となりました。





ぜひまたご参加くださいね。

10月13日(日)

本日は科学教室「きれいな色に染めてみよう」 (小学4年生以上18歳未満の部)を開催しました。
みなさん、上手に染められましたね。
ぜひまたご参加くださいね。


タマネギの皮で染めた布

藍染め。きれいに仕上がりましたね。

10月9日(水)

2013年ノーベル物理学賞が決定しましたね!

2013年のノーベル物理学賞は
素粒子が質量を持つ仕組みであるヒッグス粒子の理論に関して、
フランソワ・アングレール博士、ピーター・ヒッグス博士の2人に贈られることになりました。

大阪市立科学館にはこのヒッグス粒子の理論が分かる展示があります。
詳しくはこちら


4F展示場 ヒッグスが分かる展示「磁石のテーブル」
ノーベル物理学賞 ヒッグス粒子
ヒッグス博士のノーベル賞でうれしそうにしている開発者の齋藤学芸員

ぜひ、実物を見に来てくださいね。
また、マスコミの方の取材も受け付けています。

10月6日(日)

今日は科学教室「色々あわせて光の箱をつくろう」を開催しました。
現在開催中の企画展「色の彩えんす」に関連した科学教室です。


色と色を組み合わせると、新しい色ができます。
この原理を学んだ後、とても不思議な色が見える光の箱つくりに挑戦しました。



科学デモンストレーターの吉岡さんが今回の講師です。



完成した光の箱です。とてもきれいな模様が見えています。



最後に作った光の箱を並べて、みんなで記念写真を撮りました。

「色の彩えんす」に関連して、10月13日(日)、14日(月)にも、
科学教室「きれいな色に染めてみよう」を開催します。まだ参加できますので、ぜひお申し込み下さい。

10月5日(土)

今日は、楽しいお天気講座「台風のふしぎ」を開催しました。

秋は台風がたくさんやってきます。どうして台風が発生するのか、台風がやってくると、どのような天気の変化が起こるのか、実験を交えて学びました。



日本気象予報士会から、気象予報士の方が来られて教えてくれました。



空気の力について、実験しています。



「温帯低気圧と熱帯低気圧はどうちがうの?」という難しい質問にも答えてくれます。

楽しいお天気講座は、季節ごとに様々な講座を開催しています。次回は雪の結晶について実験する予定です。お楽しみに!

10月2日(水)

本日はサイエンスショー研究会を行いました。

2013年12月6日(金)~2014年3月2日(日)に開催する
サイエンスショー「炎のアツい科学」(企画担当:小野学芸員)のお披露目を行いました。

火がつく仕組みを色々な実験を通して解説しました。
火花が激しく散ったり、ロケットを飛ばしたりと大迫力でした。
次回のサイエンスショーも楽しみですね!