1. TOP
    2. 科学館のできごと

科学館のできごと

7月29日(金)

夏休み自由研究教室「走る!タワッチ君を作ろう」が始まりました。
モーターがぶるぶる震えることで動く、タワシを使ったおもちゃなんですが、
起動には、少し変わった回路スイッチを使います。


ブレッドボードというプラスチックの板に部品をさすだけで、はんだ付けをしなくても
回路が組めるんです。
部品を組み替えながら、モーターを回したり、LEDを光らせたりして、最後はタワッチ君の回路を作りました。

このタワッチ君、静電気をきっかけにして流れるわずかな電流を増幅して動きます。

  • 真剣に取り組んでいます

  • 小さな部品を慎重に取り出します

  • 風船の摩擦で静電気を作ってます

  • LEDが点滅しながら走ります

  • 楽しそうです!

  • 磁石でも動く回路を付け加えました

  • できあがり!

7月27日(水)

特別天体観望会「火星と土星を見よう」を開催しました。
事前応募に当選された約200名の方にお越しいただき、科学館の屋上で地球の兄弟星である火星と土星を見ました。

まず初めに、プラネタリウムホールの中で観望会の説明を行いました。


「土星」「地球」「火星」の3チームに分かれて、順次屋上へ上がります。


当日は空には薄く雲が出ていたのですが、肉眼でも星を見つけることが出来て
火星と土星が望遠鏡でバッチリ見られました!!



土星の環を初めて見て喜んでいるお子さんがたくさんいました♪
夏休みのいい体験ができたのではないでしょうか☆

8月24日(水)も同じく特別天体観望会「火星と土星を見よう」を開催。
そして、9月10日(土)は、天体観望会「秋の月を見よう」を予定しています。
どちらも事前申し込みが必要です〈応募多数時は抽選〉。
小学1年生以上からお申し込みできます。小学生の方は、必ず保護者の方と一緒に申し込んでくださいね。
ぜひ、ご応募ください☆

8月24日(水)開催→〈往復ハガキにて、締切は8/11必着〉詳細はこちら
9月10日(土)開催→〈往復ハガキにて、締切は8/30必着〉詳細はこちら


7月14日(木)

中之島科学研究所第75回コロキウムを開催しました。
長谷川能三研究員が「大阪湾の蜃気楼の継続観測結果」と題し、講演しました。

大阪湾で、2007年に蜃気楼の一種である四角く変形した夕陽、2009年には蜃気楼が発生していることを確認したことから、2011年から約3年間、大阪南港野鳥園に固定カメラを設置し、継続観測を行いました。
今回は大阪湾の蜃気楼について、その観測結果を中心にお話しました。



次回は、9月8日(木)15:00~16:45 西野藍子研究員が「楽しいプログラミング学習の方法」と題し、講演します。
どなたでも無料、申し込みなしで聴講できますので、どうぞお気軽にお越しください。

7月8日(金)

NHK特集ドラマ「喧騒の街、静かな海」。放送は7月18日(月・祝)22:00~23:13です。
「いきなりドラマのお知らせ?」と思われたみなさま、なんと当館のプラネタリウムで撮影が行われたのです!

某日、閉館後のプラネタリウムには撮影機材がたくさん搬入され、いつもと違う雰囲気に。主演のディーン・フジオカさん、寺尾聰さん、市川由衣さんがいらっしゃいました!当館のスタッフにも笑顔でご挨拶くださり、とってもステキなみなさまにドキドキ。

 

出演者の方だけでなく、たくさんのスタッフの方々が熱心に準備をされ、時間をかけてドラマが作られるのだな、と感じました。
放送当日はストーリーはもちろん、当館のプラネタリウムシーンにもご注目ください☆
NHK特集ドラマ「喧騒の街、静かな海」詳しくはこちら

7月5日(火)

本日、サイエンスショーデビューしました スタッフの有元三賀子さんです。
お客様とやりとりしながら、楽しく「花火の化学、大実験!」を実演しました!

 

☆有元さんよりご挨拶☆
『はじめまして。本日からサイエンスショーのスタッフに加わりました。
失敗してしまうこともあると思いますが、楽しい実験をしたいです。
どうぞよろしくお願いします!』

ぜひサイエンスショーを見に来てくださいね~!!


7月3日(日)

毎年恒例の、「七夕まつり」開催中です☆彡
館内地下1階のアトリウムに設置している高さ約7メートルのジャンボ笹が、みなさまのお願いごとで彩られています!
7/7(木)まで、短冊にお願いごとを書いていただけます(各日先着100名様)。
心を込めた願いごとを星に届けてみませんか。