1. TOP
    2. 科学館のできごと

科学館のできごと

6月30日(土) 「実験ショー!!」

大阪市立科学館&立命館大学連携 「サイエンスコミュニケーション入門受講生の実験ショー!!」を開催しました。

立命館大学サイエンスコミュニケーション入門を受講している学生さん達による実験ショーで、
「科学を伝える事」を学んでいる学生の皆さんが、これまでの講義の成果を皆さんの前でお披露目しました。

第1回目のタイトルは、「実はとても面白いシャボン玉」
普段、お家でシャボン玉をするときは、ストローにシャボン玉液をつけて吹きますが、
ちょっとした工夫で面白いシャボン玉が作れることを実験を通して見せてくれました。
家庭にある洗剤等を使って弾むシャボン玉を作ったり、針金など身近な道具を使って大きなシャボン玉を作ったり…、
見学してくれたお子さん達も参加して楽しい実験ショーになりました!

ぜひ見に来てくださいね♪

6月30日(土) 「七夕まつり」

毎年恒例の「七夕まつり」がはじまりました☆彡

7月7日(土)まで[7/2をのぞく]毎日先着100名様に、

短冊に「願いごと」を書いていただけます☆

館内地下1階のアトリウムに設置している高さ約7メートルのジャンボ笹に、

願いをしたためた短冊を結んでみませんか?


 

6月14日(木) 中之島科学研究所 コロキウム

中之島科学研究所第96回コロキウムを開催しました。
岳川 有紀子 研究員が「“花火の化学”を楽しむ新しい文化を目指して -大阪市立科学館での17年間の普及活動-」と題し、講演を行いました。


花火の化学反応に注目し、2000年に30分間の実験ショー「花火の化学」を開発して以来、実験ショー、企画展、講演会、啓発本など、さまざまな手法で、花火の化学の普及活動を企画・実践してきた岳川学芸員の17年にわたる研究結果を発表。
化学を楽しむ新しい文化を目指して活動してきたその内容や来館者の反応などを解説し、サイエンスショー「花火の化学」の動画も紹介しました。



次回は、7月12日(木)15:00~16:45 嘉数 次人 研究員が「明治6年の太陽暦改暦をめぐって」と題し、講演します。
どなたでも無料、申し込みなしで聴講できますので、どうぞお気軽にお越しください。