1. TOP
    2. 科学館のできごと

科学館のできごと

9月13日(木) 中之島科学研究所 コロキウム

中之島科学研究所第98回コロキウムを開催しました。
西野 藍子 研究員が「電波望遠鏡による観測・研究最前線」と題し、講演を行いました。

20世紀前半にベル電話研究所のカール・ジャンスキ―が、偶然宇宙からの電波を発見し、その後、急速に発展してきた電波天文学。2013年には、主に日米欧が国際共同で建設したアルマ望遠鏡の運用が始められ、電波による画期的な観測成果が出ています。
今回の講演では、電波望遠鏡とは一体どのようなものなのか、天体からやってくる電波とは一体何であるのか、天文学者は、どのように電波を観測し、研究を進めているのかなど、電波望遠鏡による観測・研究の最前線を紹介しました。


次回は、10月11日(木)15:00~16:45 嘉数 次人 研究員が「明治6年の太陽暦改暦をめぐって」と題し、講演します。
どなたでも無料、申し込みなしで聴講できますので、どうぞお気軽にお越しください。