OSAKA SCIENCE MUSEUM

科学実験大会2015 出場者募集
 
科学の実験が大好きな人、大集合!

出場条件-実験大会申込みに当たって、ご理解いただきたいこと
◆会場仕様
実験ショーを行うステージの広さは幅3900㎜、奥行き2000㎜、天井までの高さ3000㎜です。ただし、AVコントローラーや水道設備等があるため、幅・奥行きとも若干せまくなります。
実験台は、縦600㎜×横1500㎜×高さ700㎜のテーブルを使用します。
ワイヤレスマイクが2本まで使えます。
1500Wまでのコンセント口を用意しています。
水道水が使用できます。
会場内の明るさを調整できます。
ある程度暗くすることはできますが、施設の構造上、完全な暗闇にはできません。
ショーを見学されるお客様は、階段席に約100名ほど座られます。
着席されているお客様全員に何かを配布して実験するという内容は、配布するだけでかなりの時間を使ってしまうことになると思われますので、お勧めはいたしません。
大会前に会場の下見会を行なう予定です(出場決定者のうち希望者のみ)。
◆演示していただく内容について
演示していただく実験は、安全が確認されているものに限ります。
また、見学者に危険が及ばないものとします。
演示時間は最大15分とします。時間内で終わるストーリー立てをしてください。
最低でも5分間に1つの実験を行うこととします。
物理、化学、天文等の科学に関する実験とします。
ステージのエリア内で実験が完結するものとします。
◆その他留意事項
本大会に関する申し込み・連絡等は、原則、電子メールで行います。
ファイルを添付することがありますので、パソコンのアドレスを利用してください。また当日等の緊急連絡用に携帯電話の電話番号もできるだけ記入してください。
実験大会参加にかかる費用(交通費、消耗品購入等)は、すべて出場者の負担とします。

お申し込みから出場決定までの流れ
このページの下部にある「科学実験大会2017 出場申込書」(エクセルファイル)をダウンロードする
 
「科学実験大会2017 出場申込書」に必要事項を記入する。
 チェック:申込書の記載もれはありませんか?
電子メール「科学実験大会2017 出場申込書」を添付して送信。
宛  先  科学実験大会メールアドレス
申込締切  2016年12月11日(日) 必着
メールのタイトルは、必ず「実験大会申込み」としてください。
これ以外のタイトルの場合、科学館のサーバーではじかれ、メールが届かない場合があります。
チェック:メールアドレスは、正しいですか?
  出場申込書を、添付し忘れていませんか?
   
  出場申込書をお送りいただいてから、4営業日以内に、
申込書を受信した旨のご連絡をメールします。
実験の内容について問い合わせる場合もありますので、
ご対応をお願いします。
メール送信後、4営業日が過ぎても科学館から連絡がない場合は、お手数ですが、お早目に電話にてご連絡ください。
電話:06‐6444‐5184  担当:大倉(おおくら)
チェック 出場申込書をお送りいただいた方全員に、
12月下旬までに、出場の可否について、
メールにてご連絡いたします。
12月22日までに何の連絡もない場合は、お手数ですが、12月23日以降お早目に、電話にてご連絡ください(ただし、12/28~1/4は休館)。
電話:06‐6444‐5184  担当:大倉(おおくら)

出場条件を理解したので、出場申込書をダウンロードする
【Excel2003ファイル(40KB)】
※コンピュータの環境によってはダウンロードに時間がかかる場合があります
ご応募いただくみなさまの、ご理解とご協力をお願いいたします。

閉じる