1. TOP
    2. プレスリリース
    3. 大阪市内の二大科学館が、夢のコラボイベントを実施!「Can Do ! サイエンス2017」を開催します

プレスリリース

2016年11月11日

大阪市内の二大科学館が、夢のコラボイベントを実施!「Can Do ! サイエンス2017」を開催します



 大阪市立科学館は、平成29年1月8日(日曜日)・1月9日(月曜日・祝日)の2日間、大阪科学技術館と共同で、親子で楽しめる科学イベント「Can Do!サイエンス2017」を開催します。
 本イベントは両館を会場に、それぞれの施設の設備や特長を活かして、日常では体験することのできない、科学の楽しさに触れる機会を創出することを目的に企画しました。

開催概要
1 名称
「Can Do!サイエンス2017」

2 日時
平成29年1月8日(日曜日)・1月9日(月曜日・祝日) 10時から17時まで
※1月8日(日曜日)プラネタリウムスペシャルトークショーのみ20時30分頃まで

3 実施場所
・中之島会場
 大阪市立科学館地下1階(大阪市北区中之島4-2-1)
 電話:06-6444-5656 ファックス:06-6444-5657 
 ホームページ:http://www.sci-museum.jp/
 地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅3号出口から西へ約500メートル、
 京阪中之島線「渡辺橋」駅1号出口から南西へ約400メートル
・本町会場
 大阪科学技術館8階(大阪市西区靭本町1-8-4)
 電話:06-6441-0915 ファックス:06-6443-5310
 ホームページ:http://www.ostec.or.jp/pop/
 地下鉄四つ橋線「本町」駅28号出口から北へ約200メートル、
 地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅7号出口から南へ約400メートル
4 主催
大阪市立科学館、大阪科学技術館
5 協賛
関西電力株式会社
6 協力
福井県立恐竜博物館


中之島会場(大阪市立科学館)
 スペシャルプログラム:プラネタリウムスペシャルトークショー
「宙(そら)ガール」として注目を集めているタレント「篠原ともえさん」と、国立天文台副台長/理学博士の「渡部潤一教授」をゲストに招き、楽しい「プラネタリウムスペシャルトークショー」を実施します。
※宙(そら)ガール:星空や天文現象に関心を持つ女子
実施場所:大阪市立科学館地下1階プラネタリウムホール
実施日:平成29年1月8日(日曜日) 
開場時間:18時30分
開演時間:19時 (20時30分頃終了予定)
ゲスト:篠原ともえ氏、国立天文台副台長/理学博士・渡部潤一教授
募集人数:300名
※事前申込みが必要です。
   
篠原ともえさん           渡部潤一教授


特別サイエンスショー
実施場所:大阪市立科学館地下1階アトリウム
実施日:平成29年1月8日(日曜日)・1月9日(月曜日・祝日)
内容:A)「見える見えないの不思議」
     偏光板を使って、見えなかったものが見えてきたりする不思議なショーです。
      1回目10時30分から 2回目13時30分から
        B)「世界一かんたんブーメラン」
          ブーメランが戻ってくる仕組みを飛行機やコマを使って楽しく学びます。
           1回目12時から 2回目15時から
実施回数:A,B各2回(一日計4回)
所要時間:各回30分
観覧人数:各回80名程度
参加方法:当日先着順
     ご希望回開始時間までに大阪市立科学館地下1階アトリウムにお集まりください。


特別ワークショップ
実施場所:大阪市立科学館地下1階研修室
実施日:平成29年1月8日(日曜日)・1月9日(月曜日・祝日)
内容:A)「偏光ステンドグラスを作ろう」
     特別サイエンスショー「見える見えないの不思議」で体験した偏光板を使って
            万華鏡を作ります。
     1回目11時10分から 2回目11時35分から
            3回目14時10分から 4回目14時35分から
        B)「厚紙ブーメランを飛ばそう」
          特別サイエンスショー「世界一かんたんブーメラン」で学んだ仕組みを復習
             しながら厚紙ブーメランを作ります。
     1回目12時40分から 2回目13時5分から
            3回目15時40分から 4回目16時5分から
実施回数:A,Bともに各4回(一日計8回)
所要時間:各回15分
体験人数:各回40名程度
参加方法:当日整理券配布
※整理券は特別サイエンスショー実施前に、大阪市立科学館地下1階アトリウムにて、各特別ワークショップ分(2回分)を配布します。
※特別サイエンスショー(A)1回目には特別ワークショップ(A)1回目と2回目のみ、特別サイエンスショー(A)2回目には特別ワークショップ(A)3回目と4回目のみが連動します。
※特別サイエンスショー(B)1回目には特別ワークショップ(B)1回目と2回目のみ、特別サイエンスショー(B)2回目には特別ワークショップ(B)3回目と4回目のみが連動します。
※整理券は参加されるご本人様にお渡しします(代理不可)。


本町会場(大阪科学技術館)
スペシャルプログラム:ウルトラマンサイエンスステージ
 株式会社円谷プロダクション、株式会社学研エデュケーショナルの協力により、「ウルトラマンサイエンスステージ」を実施します。学研の科学の先生と一緒に、ウルトラマンが楽しい科学実験ショーを繰り広げます。
実施場所:大阪科学技術館8階大ホール
実施日:平成29年1月8日(日曜日)・1月9日(月曜日・祝日)
実施時間:1回目11時30分から 2回目14時30分から(一日計2回)
所要時間:各回45分
出演者:ウルトラマン、株式会社学研エデュケーショナル講師
募集人数:各回294名(計1,176名)
※事前申込みが必要です。

ウルトラマン  Ⓒ円谷プロ


福井県立恐竜博物館がやってきた!
 福井県立恐竜博物館のご協力により、子供たちに大人気の恐竜の実物大骨格標本を展示する「福井県立恐竜博物館がやってきた!」を実施します。
 フクイサウルスをはじめとした骨格標本の展示に加え、恐竜の骨格見本を組み立てる「実物大恐竜パズルショー」や、「さわれる化石」などが楽しめます。
実施場所:大阪科学技術館8階中ホール
実施日:平成29年1月8日(日曜日)・1月9日(月曜日・祝日)
実施時間:10時から17時まで
内容:福井県立恐竜博物館の人気恐竜骨格標本を展示
≪実物大恐竜パズルショー≫
実施時間:1回目10時30分から 2回目13時から 3回目15時30分から(一日計3回)
出演者:福井県立恐竜博物館研究員
観覧人数:各回60名程度
参加方法:当日先着順
     ご希望回開始時間までに大阪科学技術館8階中ホールにお集まりください。

福井県立恐竜博物館


ビックリ3D宇宙映像体験
 3Dの立体映像で、宇宙空間にいるような感覚が楽しめる「ビックリ3D宇宙映像体験」を実施します。
実施場所:大阪科学技術館8階小ホール
実施日:平成29年1月8日(日曜日)・1月9日(月曜日・祝日)
実施時間:1回目11時から 2回目13時30分から 3回目16時から(一日計3回)
内容:3Dメガネをかけて宇宙空間を立体的に体験
体験人数:各回着席50名程度
参加方法:当日整理券配布
     整理券は各回の実施1時間前より大阪科学技術館1階受付にて配布します。
     ※整理券は参加されるご本人様にお渡しします(代理不可)。


両館巡回企画
 本イベントは大阪市立科学館及び大阪科学技術館の共同開催となっており、両館それぞれに特別プログラムを用意しています。ご参加いただける皆様には両館を巡って楽しい思い出を作っていただくため、巡回企画を用意しています。
1.大阪市立科学館と大阪科学技術館との間で、巡回ラッピングバスを運行
最大定員約60名程度。11時大阪市立科学館発から16時30分大阪科学技術館発まで、30分間隔で運行を予定しています。
2.ステキな景品がもらえるスタンプラリーを実施
両館の受付に設置したスタンプを両方集めると、両館とも1階受付にてステキな景品をプレゼントします。

※イベント概要及び各プログラムの内容は変更となる場合があります。


スペシャルプログラム:プラネタリウムスペシャルトークショー・ウルトラマンサイエンスステージの参加申込みについて
本イベント特設ウェブサイト
https://cando2017.com
※スペシャルプログラムの参加申込みは、上記の本イベント特設ウェブサイトのみで受け付けております(ハガキ、電話、ファックスでのご応募は受け付けておりませんのでご了承ください)。


本イベントに関する問合せ先
「Can Do!サイエンス2017」事務局
電話:06-6264-0008 メール:info@cando2017.com
受付期間:平成28年11月11日(金曜日)から平成29年1月31日(火曜日)まで
※電話は10時から17時まで。土曜日・日曜日・祝日・年末年始(平成28年12月28日から平成29年1月4日まで)除く。
※平成29年1月10日(火曜日)以降はお電話の場合音声テープ対応となります。

                                                 以 上