1. TOP
    2. プラネタリウム
    3. プラネタリウムの特徴

プラネタリウムの特徴

専門スタッフが生解説でご案内します。

大阪市立科学館のプラネタリウムは、専門スタッフが生解説で星空をご案内します。
その日その日の星空の見どころや、天文現象や宇宙に関する話題だけでなく、新しい発見やホットの話題もお届けできるのが特徴です。
また担当者ごとの個性あふれる解説も大阪市立科学館の特徴です。
本物の空の下で星の話を聞く感覚でお楽しみください。

多彩なオリジナルプログラム

プラネタリウムの投影内容は、様々なプログラムをご用意しております。
大人から児童の皆様を対象とした「一般投影」は、2種類のテーマから内容をお選びいただけます。
投影テーマは、当館のスタッフが企画制作したオリジナルの内容を中心に、約3か月ごとに新しい解説テーマをお届けします。
どのプログラムでも、当日の夜の星空の紹介を行います。小さなお子様とそのご家族や、幼児の団体を主な対象とした「ファミリータイム」や、学校団体向けの「学習投影」、学芸員がそれぞれの専門分野・得意分野を生かして投影を行う「学芸員スペシャル」、特別なイベント投影などの時間もございます。

本物に近い、美しい星空

  • 星空を映し出すプラネタリウムの投影機は、コニカミノルタプラネタリウム株式会社製のインフィニウムΣ(シグマ)-OSAKA。
    理想的な環境で人間が肉眼で見ることができるとされる、6.5等級より明るい星約9000個を正しくドームに映し出します。
    明るい星の鋭い輝きや色合いも再現されています。
  • また、天の川は肉眼で見ることができない暗い星のデータをもとに表現し、美しさと見えやすさを追求しています。
    星座の絵や惑星の軌道、宇宙の緯度経度を示すような線など、星空の中に描かれる映像は、暗い星が見えにくくならないような映像プロジェクターを装備。星と映像が美しく重なり合います。

ダイナミックな映像演出

  • ドーム全体に明るい映像を映し出す全天周映像システムとして、株式会社五藤光学研究所製のバーチャリウム2を使用しています。
    地球を離れた視点から宇宙を構造を描き出したり、ドーム全体に広がるCG映像など、臨場感を高めたり理解を助ける分かりやすい映像演出を可能としています。

立体音響、全周LEDライト

  • 音にもこだわりました。10台のパワードスピーカからは非常にクリアな音響を送り出します。
    さらに自在に音響をコントロールできるサラウンドシステムも導入。迫力と聞きやすさを両立させました。

    また、ドーム全体の照明として、全周LEDライトを採用。 目にやさしく、鮮やかな光の演出が可能です。