1. TOP
    2. プラネタリウム
    3. 一般投影

一般投影

2020年6月5日(金)~8月30日(日)のプログラム

太陽系のメダリスト

太陽系のメダリスト

太陽系には75万個以上の天体があり、太陽をそれぞれのスピードで巡っています。その中には地球より巨大な木星も、家より小さな小惑星もあります。さらに1日の長さや表面の様子、温度、空気の濃さもまちまちです。環の美しい土星もありますね。こうした天体の特徴をよく知るために、スピード、美しさ、パワーなど様々なジャンルで天体たちに競ってもらいます。太陽系の究極のスターはどれか! 太陽系のメダリストを決定します。

◇今夜の星空解説あり

  • ◇企画:渡部学芸員
  • 宇宙ヒストリア~138億年、原子の旅~

    宇宙ヒストリア~138億年、原子の旅~

    あなたの体も、身の回りの物も、空気も海も石も、もちろん地球も太陽も夜空に輝く星も、すべておびただしい数の原子からできています。そして、あなたの体を形づくっている原子は、およそ一か月ですべて入れ替わっています。原子たちはいろんな場所を旅しているのです。もしも、ある日、あなたの体の中に入った1つの酸素原子が話しかけてきたら…?酸素原子の案内で138億年の宇宙の旅に出かけましょう。


  • ◇今夜の星空解説あり
  • ◇企画:石坂学芸員
  • 次回予告

    • 火星ふたたび接近中!

      火星ふたたび接近中!

      写真:鳥取市さじアストロパーク

      2020年9月2日(水)~11月29日(日)

      今年の秋は、火星がふたたび地球に近づきます。夜空で明るく輝いている火星について紹介します。


      • ◇今夜の星空解説あり
      • ◇企画:西岡学芸員
    • 眠れなくなる宇宙のはなし

      眠れなくなる宇宙のはなし

      ©長崎訓子/NASA

      2020年9月2日(水)~11月29日(日)

      宇宙ってどんなもの? いつはじまった? 大むかしからだれもが抱いてきた「ふしぎ」に答えます。

    • 冬の天の川

      冬の天の川

      2020年12月4日(金)~2021年2月28日(日)

      冬の天の川は夏と比べ、淡く繊細に輝きます。明るい一等星や星雲・星団とともに、冬の天の川をご紹介します。

    • HAYABUSA2 ~REBORN

      HAYABUSA2 ~REBORN

      ©「HAYABUSA2 ~REBORN」製作委員会

      2020年12月4日(金)~2021年2月28日(日)

      小惑星「リュウグウ」への2回の着陸をはじめ、探査機「はやぶさ2」の活躍をリアルなCGで解説します。

    • 天王星発見240年

      天王星発見240年

      ©NASA/JPL-Caltech

      2021年3月3日(水)~5月(予定)

      1781年、ハーシェルが天王星を発見しました。天王星とはどんな惑星か、発見の歴史と合わせて紹介します。

    • ブラックホールを見た日~人類100年の挑戦~

      ブラックホール~時空の水平線を追え~(仮)

      ©EHT collaboration/ALMA/国立天文台

      2021年3月3日(水)~5月(予定)

      近年、なぞの天体ブラックホールが直接観測されるようになりました。見えてきたブラックホールの姿とは…!?

    • ・一般投影では、投影中、静かに観覧していただけない場合は、プラネタリウムホールから退出していただきます。観覧券の返金・交換はできませんので、あらかじめご了承ください。
    • ・一般投影の内容は、小学校高学年から大人の方を対象とした内容となっています。
    • ・団体が入る場合があります。