1. TOP
    2. プラネタリウム
    3. 一般投影

一般投影

※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、臨時休館しております。大変申し訳ございませんが、ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

天王星発見240年

天王星発見240年

2021年3月3日(水)~5月30日(日)のプログラム

天王星は太陽系の惑星の一つです。木星・土星についで3番目に大きな惑星ですが、太陽から遠い所にあるため、望遠鏡が発明された近代になって発見されました。発見したのはイギリスの天文学者ウィリアム・ハーシェルで、今から240年前の1781年のことでした。 天王星はガスと氷でできている巨大な氷惑星です。表面にはほとんど模様がなく、まだ多くの謎に包まれています。天王星とはどんな惑星なのか、発見の歴史と合わせて紹介します。

◇今夜の星空解説あり

  • ◇企画:江越学芸員

  • 投影スケジュールはこちら:プラネタリウム スケジュール

    ブラックホールを見た日~人類100年の挑戦~

    ブラックホールを見た日~人類100年の挑戦~

    2021年3月3日(水)~8月22日(日)予定のプログラム

    ブラックホールは、およそ100年前、アインシュタインの一般相対性理論から予言されました。ブラックホールは、まわりの時空を極限までゆがめてしまうため、光を出しません。真っ黒なので、その姿を見ることはできませんでした。しかし、近年、世界中の科学者の努力によって、ついに、なぞに満ちたブラックホールの姿が直接、撮影されました。不可能を可能にした科学者たちの奮闘と、見えてきたブラックホールの姿を紹介します。


  • ◇今夜の星空解説あり
  • ◇企画:石坂学芸員
  •             

    投影スケジュールはこちら:プラネタリウム スケジュール

    • ・一般投影では、投影中、静かに観覧していただけない場合は、プラネタリウムホールから退出していただきます。観覧券の返金・交換はできませんので、あらかじめご了承ください。
    • ・一般投影の内容は、小学校高学年から大人の方を対象とした内容となっています。
    • ・団体が入る場合があります。

    次回予告

    • 天の川銀河

      天の川銀河

      写真:KAGAYA

      2021年6月4日(金)~8月22日(日)予定

      夏の夜に見られる天の川の正体は、星の大集団「天の川銀河」です。近年の研究を交え、そのおどろきの姿を紹介します。