1. TOP
    2. プラネタリウム
    3. 一般投影

一般投影

現在投影中のプログラム

ブラックホール合体!重力波

ブラックホール合体!重力波

2017年12月1日(金)~2018年2月25日(日)

2015年9月14日、人には感じ取れない、ごくごくかすかな波が地球を通り抜けていきました。このかすかな波はしかし世界を大きく揺り動かしました。これこそ予言から100年間、物理学者が待ち続けた重力波だったのです。その検出に対し、2017年のノーベル物理学賞が与えられました。日本の重力波観測装置KAGRAも観測を始めます。ブラックホールや中性子星の合体によって生じる時空の波、重力波のヒミツに迫ります。

星の誕生

星の誕生

2017年12月1日(金)~2018年2月25日(日)

夜空で輝く星はどのように誕生したのでしょうか。長年謎であったしくみが、近年明らかになってきました。きっかけは、天体から出される電波や赤外線、X線やガンマ線といった、私たちの目に見えない光をとらえる望遠鏡が開発されたことでした。最新の電波望遠鏡アルマによる研究成果をはじめ、明らかになってきた星や太陽系の誕生のしくみとその様子、星の一生の輪廻(りんね)について、ご紹介します。

次回予告

  • はるかなる大マゼラン雲

    はるかなる大マゼラン雲

    © Jose Francisco Salgado(josefrancisco.org)/ESO

    2018年3月1日(木)~5月27日(日)

    南天の美しい星空とともに1987年大マゼラン雲にあらわれた超新星1987Aの正体に迫ります。

  • 眠れなくなる宇宙のはなし

    星の誕生

    ©長崎訓子/NASA

    2018年3月1日(木)~9月2日(日)

    宇宙ってどんなもの? いつはじまった? 大むかしからだれもが抱いてきた「ふしぎ」に答えます。

    • ◇原作

      :佐藤勝彦著「増補改訂版 眠れなくなる宇宙のはなし」(宝島社):佐藤勝彦作・長崎訓子絵「絵本 眠れなくなる宇宙のはなし」(講談社)

    • ◇今夜の星空解説あり
    • ◇企画:渡部学芸員
  • ・一般投影では、投影中、静かに観覧していただけない場合は、プラネタリウムホールから退出していただきます。観覧券の払い戻しはできませんので、あらかじめご了承ください。
  • ・一般投影の内容は、小学校高学年から大人の方を対象とした内容となっています。小さなお子様とそのご家族の方は、土日祝日や2017年12/26、12/27、2018年1/5、3/27~3/30に実施している「ファミリータイム」がおすすめです。