1. TOP
    2. プラネタリウム
    3. 一般投影

一般投影

現在投影中のプログラム

木星と土星を見よう

木星と土星を見よう

2017年6月2日(金)~8月27日(日)

今年の夏は、よいの空に木星と土星がよく見えます。望遠鏡で木星を観察すると、しま模様や周りを回る衛星の様子を見ることができます。木星のしま模様は、木星の雲が作り出す模様です。土星は望遠鏡で() を見ることができます。土星の環をよく観察すると、環の中に隙間(すきま)があることも分かります。地球からではなく、探査機で木星や土星に接近してみると、どんなふうに見えるのでしょうか?驚きの映像をプラネタリウムでご覧ください。
◇今夜の星空解説あり
◇企画:飯山学芸員 西岡学芸員

天の川をさぐる

天の川をさぐる

2017年6月2日(金)~8月27日(日)

夏の夜空にぼんやりと輝く天の川。人類は昔から、雲や霧のようにも見えるその不思議な光の正体を探求し続け、ついに天の川は二千億個もの星が集まった「天の川銀河」とよばれる巨大な天体であることをつきとめました。では、天の川銀河の大きさや形はどうなっているのでしょうか。天の川銀河を形作るものは、輝く星だけなのでしょうか。人類の探求の歴史を交えながら、天の川の正体にせまります。
◇今夜の星空解説あり
◇企画:嘉数学芸員

次回予告

  • 秋の夜長に月見れば

    秋の夜長に月見れば

    2017年8月29日(火)~11月26日(日)

    月は毎日形が変わり、望遠鏡でのぞいてみると、さらに不思議な模様が見えます。秋の夜長に、月をながめてみましょう。
    ◇企画:江越学芸員 

  • さがせ!第2の地球

    さがせ!第2の地球

    ©The Clark Planetarium

    2017年8月29日(火)~11月26日(日)

    生命が住める地球のような星はどこかにあるでしょうか?さあ、桂しん吉さんの案内で、第2の地球を探す宇宙の旅に出かけましょう。