1. TOP
    2. プラネタリウム
    3. 一般投影

一般投影

現在投影中のプログラム

夜空の宝石箱『すばる』

夜空の宝石箱『すばる』

2019年12月6日(金)~2020年3月1日(日)

冬の夜空を見上げると、オリオン座におうし座…そしてその中に、小さくきらめく星の集まりがあります。日本では「すばる」と呼ばれ、昔から人々に親しまれてきました。平安時代には清少納言が「星はすばる」(星の中ではすばるが一番美しい)と書いていたり、他にも、各地に様々な呼び名が伝わっています。一方、すばるは星の世界ではまだまだ若い星たちです。人はなぜ、すばるに惹かれるのでしょうか?すばるの魅力に迫ります。

◇今夜の星空解説あり

  • ◇企画:西岡学芸員
  • オーロラ

    オーロラ

    2019年12月6日(金)~2020年3月1日(日)

    世界で一番美しい自然現象と言われる天空の光、『オーロラ』。それは、地球と宇宙のあいだで起こる現象です。では、いったい何が光っているのでしょうか。極地で撮影された本物のオーロラ映像と、CGをおりまぜながら、そのふしぎな光の正体に迫ります。さあ、プラネタリウムで全天に拡がるオーロラに、あなたも包まれてみませんか。


  • ◇今夜の星空解説あり
  • ◇企画:西野学芸員
  • 学芸員スペシャル

    学芸員スペシャル

    土曜日、日曜日と祝休日他 17:00~

    大阪市立科学館にはプラネタリウムを投影する天文担当学芸員が7人います。同じ天文担当学芸員といっても、専門分野は流星、太陽、恒星、銀河・宇宙論、観測、歴史、気象など多岐にわたります。17時の追加投影は、通常のプログラム内容ではなく、各天文担当学芸員が、それぞれの個性・分野・時事に応じた内容で投影解説します。学芸員の「おまかせ」投影をお楽しみください。

    投影スケジュールはこちら

    次回予告

    • 銀河うずうず

      写真:M51©NASA/STScI/AURA

      2020年3月5日(木)~2020年5月31日(日)

      渦巻銀河は美しいうず巻き模様が特徴です。なぜ銀河はうずを巻くのか、銀河の成り立ちを調べてみましょう。

    • HAYABUSA2 ~REBORN

      オーロラ

      2020年3月5日(木)~2020年5月31日(日)

      小惑星「リュウグウ」への2回の着陸をはじめ、探査機「はやぶさ2」の活躍をリアルなCGで解説します。

    • ・一般投影では、投影中、静かに観覧していただけない場合は、プラネタリウムホールから退出していただきます。観覧券の返金・交換はできませんので、あらかじめご了承ください。
    • ・一般投影の内容は、小学校高学年から大人の方を対象とした内容となっています。小さなお子様とそのご家族の方は、「ファミリータイム」がおすすめです。
    • ・団体が入る場合があります。