1. TOP
    2. イベント情報

イベント情報

月日 イベント名
3月2日(木)
~5月28日(日)
開催中 新コレクション展2017
3月14日(火)
~6月4日(日)
開催中 企画展「石は地球のワンダー ~鉱物と化石に魅せられた2人のコレクション~」
4月8日(土)
申込受付中 天体観望会「月と木星を見よう」
4月13日(木)
当日先着順 中之島科学研究所 第83回コロキウム「アメリカ博物館視察報告」
5月11日(木)
当日先着順 中之島科学研究所 第84回コロキウム「仏教の天文学」
5月14日(日)
申込受付中 楽しいお天気講座「天気予報にチャレンジしよう」
6月3日(土)
申込受付中 天体観望会「月と木星を見よう」

新コレクション展2017

開催中

大阪市立科学館で最近収蔵した資料や、未公開の資料を展示します。あわせて、科学館の学芸員が携わっている仕事をパネルで紹介します。


写真:8mm映写機(左)と8mmカメラ(右)(Canon シネスターP-8/シネ8-T)

日時 3月2日(木)~5月28日(日) 9:30~17:00  <休館日:毎週月曜日(3/20、5/1は開館)、3/21(火)>
場所 大阪市立科学館 地下1階アトリウム
参加費 無料
申し込み方法 当日、直接会場へお越しください。

企画展「石は地球のワンダー ~鉱物と化石に魅せられた2人のコレクション~」

開催中

大阪市立自然史博物館との共催で、北川コレクション(鉱物)と、金澤コレクション(化石)を展示します。
北川鉱物コレクションは、故北川隆司教授(広島大学)が生涯をかけて世界中から収集した鉱物標本です。金澤化石コレクションは、香川県丸亀市に在住の金澤芳廣氏が集めた化石のコレクションです。主に香川県さぬき市に分布する中生代の地層から発見されたもので、金澤氏から大阪市立自然史博物館に寄贈されたものです。地球の営みによってつくられた、きれいな結晶を持つ鉱物、長い地球の歴史の中で生物の進化を教えてくれる化石。そのきれいさや不思議さは、私たちに地球のワンダーを教えてくれます。
2人のコレクションのうち、大阪市立科学館に展示してある標本とは別の標本が大阪市立自然史博物館で展示されます。

鉱物写真は「教授を魅了した大地の結晶」東海大学出版部より

◆大阪市立自然史博物館と相互割引を実施します。詳しくはこちら



こちらの画像をクリックしてください。チラシがPDFでご覧になれます。

日時 3月14日(火)~6月4日(日) 9:30~17:00(展示場の入場は16:30まで)
場所 展示場4階
対象 どなたでも
参加費 展示場観覧券が必要です。大人400円、学生(高校・大学)300円、中学生以下無料
主催 主催:大阪市立自然史博物館、大阪市立科学館
協力:国立科学博物館
後援:全国科学博物館協議会、日本鉱物科学会、日本粘土学会、日本結晶学会、日本古生物学会

休館日 毎週月曜日(3/20、5/1は開館)、3/21(火)および臨時休館日<5/30(火)~6/1(木)>

天体観望会「月と木星を見よう」

申込受付中

月を望遠鏡で観察すると、クレーターを見つけることができます。
また、夜空で明るく輝いている木星を望遠鏡で観察すると、木星の表面にある縞模様や、木星のまわりを回る4つの衛星を見つけることができます。
ぜひ、科学館の大型望遠鏡を使って、月や木星を観察してみましょう。            
※天候不良時は、月や木星に関するお話をします。

日時 4月8日(土) 19:30~21:00
場所 大阪市立科学館 屋上 他
対象 小学1年生以上
定員 50名<応募多数の場合抽選> ※小学生の方は、必ず保護者の方と一緒にお申し込みください。
参加費 無料
申し込み締め切り 3月28日(火)必着
申し込み方法 往復ハガキに、必要事項を記入して、大阪市立科学館「天体観望会4月8日」係へ ※申し込みの往復ハガキは1イベントにつき1通のみ有効です。

中之島科学研究所 第83回コロキウム「アメリカ博物館視察報告」

当日先着順

中之島科学研究所の研究員による科学の話題を提供するコロキウムを開催します。どなたでも無料、申し込みなしで聴講できますので、どうぞお気軽にお越しください。

講師:西野 藍子(研究員)
演題:「アメリカ博物館視察報告」

今年1月、アメリカ西海岸の三都市(サンディエゴ、サンノゼ、サンフランシスコ)の科学系博物館を視察訪問しました。南カリフォルニアで最も歴史の古い自然史博物館や、ハイテク産業のメッカといわれるシリコンバレーの科学技術系博物館、さらにハンズオン展示の先駆けとなった科学博物館など、西海岸には特徴的な博物館が多く設置されています。そこで今回は、現地の博物館関係者にお伺いした様々な展示技術の手法や、教育普及活動、地域連携事業などについて報告します。

日時 4月13日(木) 15:00〜16:45
場所 大阪市立科学館 研修室
対象 どなたでも
申し込み方法 申し込み不要です。当日直接会場へお越しください。
主催 公益財団法人大阪科学振興協会 中之島科学研究所

中之島科学研究所 第84回コロキウム「仏教の天文学」

当日先着順

中之島科学研究所の研究員による科学の話題を提供するコロキウムを開催します。どなたでも無料、申し込みなしで聴講できますので、どうぞお気軽にお越しください。

講師:宮島一彦 (研究員)
演題:「仏教の天文学

江戸時代、西洋天文学の知識を基に仏教の須弥山説の不合理を攻撃する声に対し、一部の仏僧たちはそれを擁護する論説を展開しました。そして、仏教の宇宙観は明治初期まで勢力を保ったのです。須弥山説の紹介を中心に、仏教の天文学についてお話しします。

日時 5月11日(木) 15:00〜16:45
場所 大阪市立科学館 研修室
対象 どなたでも
申し込み方法 申し込み不要です。当日直接会場へお越しください。
主催 公益財団法人大阪科学振興協会 中之島科学研究所

楽しいお天気講座「天気予報にチャレンジしよう」

申込受付中

テレビなどで放映される天気予報は、どのようにして作られているのでしょうか。気象観測の方法、天気変化のしくみを学び、明日の天気を予想してみましょう。最後に天気予報を発表します。気象予報士の方が講師を務めます。

日時 5月14日(日) 13:30~15:30
場所 大阪市立科学館 研修室
対象 小学3年生~中学生
定員 40名 <応募多数の場合は抽選>
参加費 300円
申し込み締め切り 5月2日(火)必着
申し込み方法 往復ハガキに、必要事項を記入して、大阪市立科学館「天気予報にチャレンジしよう」係へ ※申し込みの往復ハガキは1イベントにつき1通のみ有効です。
主催 一般社団法人 日本気象予報士会関西支部、大阪市立科学館

天体観望会「月と木星を見よう」

申込受付中

月を望遠鏡で観察すると、クレーターを見つけることができます。
また、夜空で明るく輝いている木星を望遠鏡で観察すると、木星の表面にある縞模様や、木星のまわりを回る4つの衛星を見つけることができます。
ぜひ、科学館の大型望遠鏡を使って、月や木星を観察してみましょう。            
※天候不良時は、月や木星に関するお話をします。

日時 6月3日(土) 19:30~21:00
場所 大阪市立科学館 屋上 他
対象 小学1年生以上
定員 50名<応募多数の場合抽選> ※小学生の方は、必ず保護者の方と一緒にお申し込みください。
参加費 無料
申し込み締め切り 5月23日(火)必着
申し込み方法 往復ハガキに、必要事項を記入して、大阪市立科学館「天体観望会6月3日」係へ ※申し込みの往復ハガキは1イベントにつき1通のみ有効です。
  • ・申し込みの往復はがきは1イベントにつき1通のみ有効
    ・申し込みの際の個人情報は各イベントの抽選以外には使用しません。
  • 開催日カレンダー
  • プラネタリウム スケジュール
  • 交通アクセス