1. TOP
    2. イベント情報

イベント情報

月日 イベント名
1月14日(木)
終了 中之島科学研究所 第69回コロキウム「ゴッホの南仏を訪ねて…」
1月17日(日)
終了 講演会「ニュートリノ研究の昔と今、そして未来へ」
1月23日(土)
終了 楽しいお天気講座「雪の結晶を作ろう」

中之島科学研究所 第69回コロキウム「ゴッホの南仏を訪ねて…」

終了

中之島科学研究所の研究員による科学の話題を提供するコロキウムを開催します。どなたでも無料、申し込みなしで聴講できますので、どうぞお気軽にお越しください。

講師:石坂千春(研究員)
演題:「ゴッホの南仏を訪ねて…」

没後125年となったファン・ゴッホの足跡をたずねて、南フランスのアルルとサン=レミ=ド=プロヴァンスを訪問しました。
ゴッホの「ローヌ川の星月夜」や「夜のカフェテラス」「星月夜」といった絵に描かれた星は、独自の推論(コロキウム2011年、2014年)と合致していたでしょうか…。現地の様子とともに、調査結果を報告します。また、9月のジュニア科学クラブでは、アートコミュニケーション的な手法により「ローヌ川の星月夜」を題材として取り上げました。小学生の反応についても報告します。

日時 1月14日(木) 15:00〜16:45
場所 大阪市立科学館 研修室
対象 どなたでも
参加費 無料
申し込み方法 申し込み不要です。当日直接会場におこしください。
主催 公益財団法人大阪科学振興協会 中之島科学研究所

講演会「ニュートリノ研究の昔と今、そして未来へ」

終了

ニュートリノという素粒子は、1930年頃にその存在が理論的に予想され、1962年にはニュートリノ振動という現象が予言されたものの、その実験研究は困難をきわめました。長期にわたる実験物理学者たちの努力の足跡を振り返り、今後の方向を考えます。

講師 大阪大学大学院理学研究科 窪田高弘先生

日時 1月17日(日) 10:00~11:30
場所 大阪市立科学館 研修室
対象 高校生以上
定員 80名(当日先着順)
参加費 無料
申し込み方法 当日直接会場におこしください。

楽しいお天気講座「雪の結晶を作ろう」

終了

日本の冬の代表的な気象現象である雪について、どのようにして降るのか学び、ペットボトルの中で雪の結晶を作る実験を行います。気象予報士がお話しします。

日時 1月23日(土) 13:30~15:30
場所 大阪市立科学館 工作室
対象 小学3年生~中学生
定員 30名 <応募多数の場合は抽選>
参加費 300円(主としてドライアイス代)
申し込み締め切り 1月13日(水)必着
申し込み方法 往復ハガキに、必要事項を記入して、大阪市立科学館「雪の結晶を作ろう」係へ ※申し込みの往復ハガキは1イベントにつき1通のみ有効です。
主催 一般社団法人 日本気象予報士会関西支部、大阪市立科学館
  • ・申し込みの往復はがきは1イベントにつき1通のみ有効
    ・申し込みの際の個人情報は各イベントの抽選以外には使用しません。
  • 開催日カレンダー
  • プラネタリウム スケジュール
  • 交通アクセス