1. TOP
    2. 利用案内
    3. 施設概要

施設概要

外観は楕円形をしています。 これは、太陽をめぐる惑星の軌道を表しています。

設計:(株)環境開発研究所
施工:竹中・大林・鴻池・銭高JV (代表 株式会社竹中工務店)
第4回公共建築賞公共建築協会  優秀賞 1993年12月 7日

大阪市立科学館には、科学教育・普及・研究を行うために以下の施設があります。

全施設の概要

建物概要

所在地 大阪市北区中之島4丁目2番1号(大阪大学理学部跡地)
敷地面積 16,086.75m²
建築面積 3,165.78m²
延床面積 9,331.48m²
構造 地下l階~2階鉄骨鉄筋コンクリート造・3階以上鉄骨造

主要施設面積

階数別 面積 主要個所の面積
地下1階 3,065.40m² プラネタリウムホール480.0m² 研修室205.5m² 工作室87.8m²
1階 1,753.42m² 1階展示場344.0m²
2階 1,030.14m² 2階展示場421.9m²(展示場合計3,156.3m²)
3階 1,372.78m² 3階展示場996.0m²
4階 1,877.21m² 4階展示場1,394.4m²
塔屋1階 113.55m²  
塔屋2階 75.83m²  
塔屋3階 43.15m² 天体観測室25.8m²

寸法

階数 階高 天井高
地下1階 4,000mm 2,600mm
1階 8,500mm 6,065mm
2階 6,500mm 4,500mm
3階 6,500mm 4,500mm
4階 6,500mm 4,000mm
最高高40,500mm  建物高31,000mm

各室定員

プラネタリウムホール 318席(内車いす席6席)
研修室 120人(机着席で80人)
工作室 50人
多目的室 机着席で120人

施工期間

昭和63年1月~平成元年8月

特色

アトリウムを囲んで展示場、劇場を配した楕円形(惑星の軌道)の建物。
建物中央部の1階~3階の南北側をガラス張りで見通し可能。
プラネタリウムホールはプラネタリウム全天周映像併映ドームで、世界最大級の直径26.5m。エネルギー源は電気のみ。