1. TOP
    2. よくある質問

よくある質問

大阪市立科学館に寄せられる質問とその答えを紹介します。
質問等などがありましたら、お手紙やお電話などでお気軽にお問い合わせください。
※メールでのお問い合わせは受け付けておりません。ご了承ください。

科学館について

Q科学館がすいている時は?
当館は年間70万人を超える方が来館され、休日には、午後の早い時間に最終回のプラネタリウムまで売り切れることもあります。せっかくですので、できるだけ空いている日にゆっくり楽しんでいただきたいと思いますので、お約束はできませんが、以下の傾向をご参考に、来館日・来館時間をご検討ください。
《比較的、空いている日の傾向》
●平日か休日か → 平日の方が空いています
●土曜日か日曜日か → 土曜日の方が空いています
●午前中か午後か → 午前中の方が空いています
●晴れの日か雨の日か → 晴れの日の方が空いています
《混雑しやすい日》
■雨の休日
■連休の中日・最終日
■お盆の頃
■春と秋の遠足シーズンの平日の14時頃まで
※休日:土曜日・日曜日・祝日・国民の休日
プラネタリウムの当日券は、午前9時30分の開館より当日分すべての回を販売しています。 ホームページでも、当日のプラネタリウムの残席情報を公開しています。   http://www.sci-museum.jp/planetarium/seat/
プラネタリウムの前売券については「プラネタリウムの前売券」のQ&Aをご覧ください。
Qプラネタリウムの前売券について

土・日・祝日および学校長期休業期間頃(※)のプラネタリウムのチケットは、1ヶ月前から科学館のチケットカウンターで販売しています。
・販売は開館日の9時30分から16時30分まで
・電話やネットでの取り扱いはできません
・通常料金での販売のみとなります(各種割引等の摘要はできません)
・各回30枚限定です。残数はお問い合わせください(電話06-6444-5656)
・日時指定制のため、購入後のキャンセルや日時変更などはできません
※「ファミリータイム」がある日の、すべての回のプラネタリウムが前売り対象
プラネタリウムスケジュールをご覧ください

プラネタリウムスケジュール

Qプラネタリウムは何才から見られますか?

プラネタリウムの内容は、次のようになっています。
・「ファミリータイム」:幼児から小学校低学年とそのご家族を対象とした内容
・「一般投影」:小学校高学年から大人の方を対象とした内容
・一般投影は時間も長く、幼児向けの内容とはなっておりません。なお、投影中、静かに観覧していただけない場合は、プラネタリウムホールから退出していただきます。観覧券の払い戻しはできませんので、あらかじめご了承下さい。

プラネタリウムスケジュール

Q科学館の中で、お弁当は食べられますか?

館内は飲食禁止ですが、 土・日曜、祝日と2017年7/21~8/25、12/26、12/27、2018年1/5、3/27~3/30に限り、1階の多目的室を開放していますので、こちらでご飲食ください。
但し、行事等の都合により、使用していただけない場合もありますので、ご了承ください。
※通常の日については、11時から15時までは団体予約専用です。

なお、科学館屋外の西側と南側には、無料休憩所(テント、椅子、机あり)がありますので、ご自由にお使いください。

Q科学館の学芸員になるには
当科学館の資料収集、調査研究、展示、教育普及などの諸活動を担当しているのは学芸員と呼ばれる専門職種の人たちです。現在11名が在籍しています。
学芸員の人数は限定されているため、採用は退職時など不定期に行われています。新規採用が決定されるとホームページその他で広く募集案内をします。職務内容はその時々によって変りますが、専門分野としては物理、化学、天文学といったところが中心となっています。
Q博物館実習の受け入れについて

博物館の専門職員である学芸員の資格取得のための実習を、毎年1回実施しています。
※平成29年度(2017年度)の募集は終了しました。

これまでの実習概要はおおむね下記のとおりですが、今後変更がある場合もあります。
内容:博物館学芸員の資格を取得するために必要な知識を実地に学ぶ
期間:9月中旬頃の1週間
定員:5名前後
条件:

  • ・実習期間中、大学または大学院に在学中で、博物館法施行規則第1条に定められた博物館に関する科目の単位を履修済みまたは履修中の者
  • ・大学または大学院の理系学部・学科(教育学部等を含む、化学・物理学・天文学を専攻)に在籍している者
  • ・実習の全日程に参加できる者
  • ・定員オーバーの場合は書類選考とし、合格者が実習を受講できる
Qアウトリーチ事業について
出張サイエンスショーやモバイルプラネタリウムなど、大阪市立科学館の管理運営やさまざまな普及教育活動で積み重ねた経験やネットワークを基本に、科学の楽しさをみなさんのもとへ届けます。
※詳しくはこちら

こよみについて

Q大阪の日の出入り、月の出入りの時刻は?
当館刊行の「こよみハンドブック」には科学館(大阪市北区中之島4丁目)での値を計算した数年分の日の出入り時刻と月の出入り時刻を掲載しています。精度は1~2分程度です。大阪近辺でしたらほぼこの値で大丈夫です。
ただし海抜0mから、水平線が見えるとしての値です。「こよみハンドブック」はミュージアムショップでも販売しております。
Q春分の日・秋分の日はいつ?

ここ数年の春・秋分日は表をごらんください。
なお、春分・秋分日を基準にして、祝日としての春分の日、秋分の日が決められ、前の年の2月1日内閣府から官報により発表されます。ですから、前の年までは春分・秋分の日は正式には決定していません。

春秋分とは赤道と黄道が交差する点で、毎年すこしずつ動いていっています。およそ2000年前には、春分点は、おひつじ座にありましたが、現在は、うお座に移っています。そしてそのうち、みずがめ座へと移っていきます。

春秋分を知るためには、地球の公転運動や歳差運動を計算する必要があります。
一方、春分日・秋分日とは、太陽が春分点、秋分点を通過する瞬間をふくむ日のことです。
春秋分日は昼と夜の長さがほぼ同じで太陽は真東から昇り、真西に沈みます。
正確には太陽の上辺を日の出入りの基準にすること、地平線近くの太陽は大気による浮き上がり効果を受けている、太陽の南中時刻は正午からのずれがあるといった理由で、日の出、日の入の時刻は6時ちょうどではありません。

春分日・秋分日

西暦 平成 春分 秋分
2000 12 3/20 9/23
2001 13 3/20 9/23
2002 14 3/21 9/23
2003 15 3/21 9/23
2004 16 3/20 9/23
2005 17 3/20 9/23
2006 18 3/21 9/23
2007 19 3/21 9/23
2008 20 3/20 9/23
2009 21 3/20 9/23
2010 22 3/21 9/23
2011 23 3/21 9/23
2012 24 3/20 9/23
2013 25 3/20 9/23
2014 26 3/21 9/23
2015 27 3/21 9/23

※春分の日・秋分の日ではありません。

星について

Qあの明るい星は何?

はじめに、本当にそれが「星」なのか、確認しましょう。
見ている間にどんどん動いていくようならば、飛行機、人工衛星、鳥、流れ星、気象観測用気球、雲、アドバルーンなどかもしれません。逆に、1時間たっても2時間たっても移動しないようならば、高い山や建物に関係している光かもしれません。

それが、「星」である場合、一般的には、およそ3通りの可能性があります。

1つは、惑星です。惑星はあまり瞬かないことが特徴です。また、望遠鏡で観察すると模様がみえたりします。特に金星や木星はとても明るく、科学館にもよくご質問の電話がよせられます。
もう1つは、星座を形作る星(恒星)の中で明るいものです。これは毎年同じ時期に、同じ時刻であれば、同じ方角に、決まって見えます。
最後に、新星や超新星といった星の爆発の可能性があります。しかしこれは、数十年に一度くらいのことで、これである可能性はとても低いです。

見えている星についてはこちらをご覧ください。

Q自分の星座を見つけたい!

まず、誕生日の星座というのは、その日のころに太陽のほうにある星座をさすのがもともとです。

ですから誕生日のころには見えず、その3ヶ月くらい前が見ごろです。
さらに、いっぺんに見える星座は4~5つです。また、星座によっては暗い星しかなく大阪市内など大都会では見られないものもあります。

ここではめやすをかんたんな表にしましたので参考にしてください。

星座 8時の空に見える時期 大阪市内での見え方
おひつじ座 10月~ △
おうし座 11~3月 ◎
ふたご座 12~5月 ◎
かに座 2~5月 ×
しし座 3~6月 ○
おとめ座 4~7月 △
てんびん座 6~8月 ×
さそり座 7~8月 ○
いて座 8~9月 △
やぎ座 8~10月 ×
みずがめ座 9~12月 ×
うお座 10~12月 ×
Q天体の大きさ・距離について
天体名 大きさ 距離 光速基準 備考
地球 1万3000km --- --- 周囲は4万km
3500km 38万km 1.3光秒 ---
太陽 140万km 1億5000万km 8光分 ---
静止衛星 --- 4万2000km 0.1光秒 ひまわりやBS(放送衛星)
等赤道上空3万6000km
スペース
シャトル
40m×30m 地上300~600km 0.001光秒 約90分間で地球を一周
火星 6500km 2億3000万km 13光分 接近時は7000万km4光分
金星 1万2000km 1億5000万km 8光分 接近時は4200万km2.5光分
水星 4800km 1億5000万km 8光分 接近時は9300万km6光分
木星 14万km 7億5000万km 40光分 接近時は6億km30光分
土星 12万km 15億km 80光分 接近時は13億km70光分
ハレー
彗星
10km 27億km 150光分 尾の長さは最大で
1億2000万km
シリウス 500万km 80兆km 8.7光年 直径3万kmの伴星あり
おりひめ
800万km 240兆km 25光年 周囲に塵でできた
円盤が広がっている
ひこ星 500万km 150兆km 16光年 織り姫星との距離は
17光年
カノープス 1億km 800兆km 80光年 ---
ベテル
ギウス
4億km 5000兆km 500光年 オリオン座の北角の
赤い星
ぎょしゃ
座ε星
60億km? --- --- 星をとりまく塵の円盤
の大きさか?
Q望遠鏡を買いたいのですが?

安いものでも明るくて大きく見える天体(月や金星など)なら見ることができますが、ちゃんとした望遠鏡を買おうと思ったら、給料一月分くらいお金をかける必要があります。特に、台座(三脚など)がしっかりしたものを買わないとブレてしまい、望遠鏡の性能が発揮できません。

望遠鏡は倍率よりも、口径(光を集めるレンズや鏡の大きさ:直径)が重要です。倍率は接眼レンズ(数千円からある部品)で変えられますが、口径が大きくないと倍率を高くしたとき天体がボケたり、暗くなります。口径が5cm程度と小さいのに、200倍といった大きな倍率をうたっているのはあまりよくないといえるでしょう。

いずれにせよ、現物をみて購入するのをおすすめします。大阪市内にも望遠鏡専門店が2軒あり、店員のアドバイスも参考になると思います。電話帳(当館発行の「こよみハンドブック」にもリストがあります)で電話番号や所在地を調べてみてください。また、大規模な写真機店でも望遠鏡が多数おいてあり、アドバイスが受けられる場合があります。

ちょっとしたコツ双眼鏡でも月や星雲、星団を見るとおもしろいものです。星の色などもよくわかります。もし家に双眼鏡があるのならば試してみてください。ビデオやカメラ用の三脚にのせるためのアダプターも写真用品店などで2000円ほどで売られています。ついでに書きますと、カメラの望遠レンズを望遠鏡がわりにする製品もあります。また、ビデオのズームでも月のクレーターならじゅうぶん楽しめます。

Qきれいな星空はどこで見られますか?

きれいな星空と明るい大都会の夜景は、今のところ両立できないものです。
(この2つを共存させようという努力も現在行われています。例えば光害防止委員会

一般的なお答えからすると、天の川が見えるくらい(5等級の星が見えるくらい)の星空を楽しむためには大阪のような大都会から100km近く離れる必要があります。
星好きの方はそれぞれ自分の穴場を持っていらっしゃいます。
でも、そこは初心者が気軽にいけるような場所ではありません。また多くの方が押しかけると、結果として星がよく見えなくなってしまいます。特に、車のヘッドライトや懐中電灯は星見の大敵です。トイレやお店があるわけでもありません。ゴミも自分で持ち帰る必要があります。

そこで、おすすめなのは「公開天文台」です。公開天文台は一般の方に星空を楽しんでもらうための受け入れ態勢が整い、望遠鏡などの設備も充実しているところです。宿泊施設を併設し、部屋からすぐに星が見えるような施設もあります。
専門の職員の方が解説をしてくれる場合もあります。お近くの公開天文台に問い合わせてみてください。

また、公開天文台の情報は天文雑誌(例えば「月刊天文ガイド」、「月刊星ナビ」)にも出ています。少し大きめの本屋さんなら売っていますので、そちらもご覧ください。

ミュージアムショップについて

Q通信販売はしていますか?
一部の商品で通信販売を行なっております。お電話にてお問い合わせください。
  • ・現在通信販売を行なっている商品
    • ●オリジナル書籍
      大阪市立電気科学館70年記念誌 「日本の科学館は大阪から」(1000円)
    • ●オリジナル書籍
      「こよみハンドブック2014~2016」(300円)
  • ・通信販売の方法
    • 1.お電話にてお申込ください
      電話番号 06-6444-5656 ミュージアムショップ担当 まで
    • 2.お支払方法などについてご案内します
    • 3.商品代と送料の入金確認後、商品を郵送します(1週間程度かかる場合があります)
Qおみやげセットをつくってもらえますか?
ご用意いたします。
ご予算、セット数、ご希望の商品などを、利用日の1ヶ月前までにご相談ください。
商品代は、利用日の当日、現金でお支払ください。
  • ・ご相談先
    電話番号 06-6444-5656 ミュージアムショップ担当 まで
  • ★子ども会、遠足、サークル活動などでのご来館で、おみやげセットのリクエストを多くいただいております。オリジナルグッズ(クリアファイル、メモ帳など)や星座えんぴつなどが人気です。
    商品や数によってはご希望に添えない場合もありますので、お早めにご相談ください。
Qオリジナルグッズはありますか?
はい、ございます。
人気の商品は、「マグネット」「クリアファイル」「学芸員のミニブック」「サイエンスショー実験キット(期間限定)」です。
クッキーなどの食品については、現在、検討中です。
Qプレゼント包装はしてもらえますか?
プレゼント包装は行なっておりませんが、リボンシールをご用意しております。
Qお取り置きはしてもらえますか?
一部の商品で承ります。お電話でご相談ください。
お取り置き期間は1週間です。
ご連絡なく1週間が過ぎた場合は、自動的にお取り置きを解消させていただきますので、あらかじめご了承ください。
Qクレジットカードは使えますか
申し訳ありませんが、クレジットカードはご使用いただけません。
お支払いは、現金のみとなっております。

団体利用について

予約関係

Q予約は何日前から申し込みできますか?
団体利用の予約は、利用日の6ヶ月前の月初め(1日が休館日の場合は最初の開館日)から前日まで先着順にて受け付けております(学校団体については、4月1日より、翌年3月までの予約を受け付けます)。
予約方法に関しては各団体ページの予約方法をご確認ください。
Q展示場も予約が必要ですか?
展示場に定員はありませんが、団体で見学をする場合は予約してください。
Qサイエンスショーも予約が必要ですか?

平日の10時、11時、13時のサイエンスショーの見学は予約が必要です。
平日14時および、土日祝日、春・夏・冬休み期間中は当日の各回先着順になります。

見学予定月の6ヶ月前の1日※から先着順で予約を受け付けています。
※休館日の場合は最初の開館日

Q雨が降った場合のみ科学館を利用したいのですが、予約はできますか?
展示場のみの予約していただけます。
プラネタリウム・サイエンスショーの予約はできません。
また、昼食場所・バスの駐車の予約も受け付けできません。
Q校外学習など学校の行事で利用したいのですが、利用する生徒が約15名と団体扱いの定員30名には満たないのですが、団体扱いとして予約対応・割引はしてもらえますか?
30名未満でも学校行事として団体利用する際は、科学館所定の「団体割引適用証明書」に必要事項を記入のうえ、事前に提出、または当日、持参してください。この証明書に基づき団体割引と団体扱いをします。幼稚園、保育所も同様です。

下見

Q館内の事前の下見はできますか?
代表者、引率者による事前の下見は、予約済みの場合のみ、下見の受け付けをします。火曜日から金曜日までの平日で、時間は10時から16時までの間でお願いします。
土曜日の午後・日曜日・祝日、8/11~8/15および休館日はお断りしております。なにとぞご了承ください。

見学の所要時間

Q科学館内を見学する場合、どのぐらいの時間を必要としますか?

科学館を利用いただく場合の所要時間は観覧場所により異なりますが、1時間から半日程度です。

Qプラネタリウムを観賞する場合の所要時間は?
所要時間は整列やトイレなど事前準備含め1時間程度は必要です。
Qプラネタリウムのプログラム別の実際の投影時間は?
一般向け(子どもから大人対象)・・・・・・約45分
学習投影(小・中学校対象)・・・・・・・・約55分
幼児向け投影(幼稚園・保育所対象)・約30分
Q全天周映像を観覧する場合の所要時間は?
事前準備含め1時間程度は必要です。
(上映時間は約45分で、子どもから大人まで対象です)
Q展示場のみを見学する場合の所要時間は?
展示場は4階から1階まで約200点の展示物があり、所要時間は1時間から3時間が目安となります。

展示場

Q展示場内の移動に階段を利用できますか?
4階から1階まで展示場内の移動には下り専用のエスカレーターの利用をおすすめしますが、各階に階段もありますので、利用していただいても結構です。
Q展示場の再入場は可能ですか?
当日に限り、何度でも再入場できます。
展示場へ再入場する場合、地下1階 展示場入口の係員に団体名を告げて入場してください。

昼食関係

Q科学館内で昼食をとりたいのですが、場所の確保はできますか?
科学館を事前予約のうえ利用していただく団体に限り、先着順で昼食場所の予約を受け付けしています。 収容人数に限りがありますので、ご希望に沿えない場合もあります。
Q科学館の外で昼食をとる場合は予約が必要ですか?
館の外にテントや石畳などがあります。外で昼食をとる場合は予約の必要ありませんが、その旨を科学館までご連絡ください。
Q館内で昼食場所を予約していましたが、良い天気なので外で食べてもいいでしょうか?
大いに結構ですので、来館時にお知らせ下さい。
Qお弁当などのゴミは引き取ってもらえますか?
ゴミは各自、お持ち帰り下さい。科学館で引き取ることはできません。
Q雨天時のみ科学館を利用する場合、昼食場所は提供してもらえますか?
雨天時のみの昼食予約は、受け付けしておりません。
Q土曜、日曜、祝日は館内で昼食場所を提供してもらえますか?
土曜、日曜、祝日における昼食場所の予約は受け付けていません。
Qレストランは、利用できますか?

1階レストランには、軽食メニューがあります。
団体予約につきましては、観覧予約時にお問い合わせください。
お弁当の予約販売も行っております。

【注意点】

  • ・喫茶室内へのお弁当の持ち込みはできません。
  • ・昼食場所は、団体予約時の先着順で、平日のみ予約を受け付けております。
  • ・お弁当の予約は、10個から受け付けています。
  • ・お弁当の確定数は、3日前までにご連絡ください。(3日前までに変更等の連絡がない場合は、当日買い取りとなります)

館内飲食

Q館内で飲食はできますか?
館内は飲食禁止です。ただし、次の場所に限って飲食は可能です。
1階多目的室での飲食は可能です。ただし、土・日・祝日は開放していますが、平日は予約が必要です。 お茶等を飲む程度なら3階入口手前の渡り廊下を利用することは可能です。

館内放送

Q生徒への連絡や集合の合図をするため、館内放送が利用できますか?
館内放送は地下1階チケットカウンターにて受け付けますので、係員にお申し付け下さい。

救護室

Q体調不良の場合、休める部屋はありますか?
体調不良の方が休める救護室を、地下1階に設けております。
必要時には係員にお申し付けください。

身体障がい者用トイレ

Q身体障がい者用のトイレはありますか?
各階のトイレに、身体障がい者用のトイレを設けております。

車椅子での館内移動

Q車椅子で館内を移動することはできますか?
車椅子用のエレベーターがありますので、各階移動時にご利用ください。
プラネタリウムホールも車椅子のまま入退場できます。係員が案内しますのでお申し付けください。

バス駐車場

Q大型バスの駐車場はありますか?
  • バス専用駐車場が科学館西側にあります。
  • バス駐車場を利用の場合は、事前予約時にお申し出ください。
  • 事前予約がない場合は、駐車スペースを確保できないことがあります。
  • 駐車料金は大型バス1台あたり1時間1,000円です。
  • ※雨のみ予約の場合は、バス予約はできません。

雨天時の傘

Q雨天時の傘は科学館で預かってもらえますか?
館内入り口付近に団体ごとに傘を入れるポリバケツを用意しております。

手荷物

Q手荷物を科学館で預かってもらえますか?
お客様の手荷物をお預りすることはできません。各自でお持ちください。
数に限りはありますが、地下1回にコインロッカー(コインリターン式)もありますのでご利用下さい。

その他

科学館の利用案内・内容照会など

直接来館されるか、電話をご利用ください。電子メールは連絡がとれなくなることがありますので受け付けていません。
ご了承ください。

来館 開館日にお願いします
(9:30~17:00)
電話番号 06-6444-5656

天文学・物理学・化学についてのご質問

直接来館されるか、電話・手紙をご利用ください。電子メールはご質問の意図が不明なことがありますので受け付けていません。ご了承ください。
※このホームページのよくあるご質問には、科学館に来るご質問の9割が書いてあります。
※学校・塾の宿題は、自分の力で解きましょう。又は、先生に聞きましょう。

来館 開館日にお願いします
(9:30~17:00)
電話番号 06-6444-5184
お手紙 〒530-0005 大阪市北区中之島4-2-1 大阪市立科学館 学芸課
  • 開催日カレンダー
  • プラネタリウム スケジュール
  • 交通アクセス