1. TOP
    2. プラネタリウム
    3. 学芸員スペシャル

学芸員スペシャル

土・日・祝休日、8/8~8/16 17:00~

学芸員スペシャル

学芸員スペシャル

大阪市立科学館にはプラネタリウムを投影する天文担当学芸員が7人います。同じ天文担当学芸員といっても、専門分野は流星、太陽、恒星、銀河・宇宙論、観測、歴史、気象など多岐にわたります。各天文担当学芸員が、それぞれの個性・分野・時事に応じた投影解説を行ったり、おススメのコンテンツをご紹介します。学芸員の「おまかせ」投影をお楽しみください。


[投影予定]

・8/1(土) 「夏の夜の惑星めぐり」石坂学芸員

・8/2(日) 「星の降る夜に」飯山学芸員

・8/8(土) 「夏休みの星空案内」江越学芸員

・8/9(日) 「もっと知りたいペルセウス座流星群」飯山学芸員

・8/10(月・祝) 「もっと知りたいペルセウス座流星群」飯山学芸員

・8/11(火) 「もっと知りたいペルセウス座流星群」飯山学芸員

・8/12(水) 「夏の夜の惑星めぐり」石坂学芸員

・8/13(木) 「天の川をさぐる」嘉数学芸員

・8/14(金) 「夏休みの星空案内」江越学芸員

・8/15(土) 「夏休みの星空案内」江越学芸員

・8/16(日) 「天の川をさぐる」渡部学芸員

・8/23(日) 「七夕の星と天の川」西野学芸員

・8/29(土) 「『火星ふたたび接近中!』予告編」西岡学芸員

・8/30(日) 「『火星ふたたび接近中!』予告編」西岡学芸員


※8/22(土)の「学芸員スペシャル」はありません。

                

※担当学芸員および投影内容は、変更する場合がありますので、ご了承ください。



「夏の夜の惑星めぐり」
明るい木星と土星が並んで見ごろを迎えています。夜中には火星も東の空にのぼり、明け方には「明けの明星」金星が輝きます。夏の一晩、見えている惑星たちを、季節の星座とともに紹介します。
※「今夜の星空解説」があります

「星の降る夜に」
流星群とは、一年のうち決まった時期にだけ、たくさん流れ星が見られる現象です。ですが、どうしてその時期にだけ流れ星が多いのでしょうか?そもそも流れ星とはどういう物なのでしょうか?流れ星はどこからやってくるのでしょうか?
※「今夜の星空解説」があります

「夏休みの星空案内」
この夏休みは木星と土星が見頃になっています。この2つの星はとても明るく、街中でもすぐに分かる星です。 頭上には夏の大三角の星たちが輝き、空の暗い所に行けば天の川がよく見えています。この夏休みの星空の見どころをご紹介します。
※「今夜の星空解説」があります

「もっと知りたいペルセウス座流星群」
8月12日頃に見られるペルセウス座流星群について、どんなふうに見ることができるのかご紹介します。また、流れ星とは何か、流星群とは何かを解説する「星の降る夜に」の22分バージョンもご覧いただきます。
※「今夜の星空解説」はありません

「天の川をさぐる」
よく晴れた夜、夜空にぼんやりと輝く天の川の光を見ることができます。この光の帯は何からできているのでしょうか?天の川とはどのようなも のなのか、探求の歴史と明らかになった姿を紹介します。
※「今夜の星空解説」があります

「七夕の星と天の川」
8/25は旧暦の七夕です。織姫星と彦星は南の空高いところにのぼり、一番見やすい時期になりました。そこで、七夕の星や天の川について、物語と合わせてご紹介します。
※「今夜の星空解説」があります

「『火星ふたたび接近中!』予告編」
今年の秋は、火星が地球に近づき明るく輝きます。9月2日より始まる新プログラム「火星ふたたび接近中!」について、本編ではしない予定の話もちょこっと交えながら、その一部をご紹介します。
※「今夜の星空解説」があります