1. TOP
    2. プラネタリウム
    3. 学芸員スペシャル

学芸員スペシャル

土・日曜日 16:00~(投影時刻を変更しています)

学芸員スペシャル

学芸員スペシャル

大阪市立科学館にはプラネタリウムを投影する天文担当学芸員が7人います。同じ天文担当学芸員といっても、専門分野は流星、太陽、恒星、銀河・宇宙論、観測、歴史、気象など多岐にわたります。17時の追加投影は、通常のプログラム内容ではなく、各天文担当学芸員が、それぞれの個性・分野・時事に応じた投影解説を行ったり、おススメのコンテンツをご紹介します。学芸員の「おまかせ」投影をお楽しみください。


[投影予定]

・5/23(土)、5/24(日)、5/30(土)、5/31(日)

「HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-」

                

「HAYABUSA -BACK TO THE EARTH」
今年2020年は、小惑星探査機「はやぶさ」が地球に帰還して10周年になります。小惑星探査機「はやぶさ」の活躍をドームいっぱいに広がる映像で振り返りましょう。「はやぶさ」帰還後に追加映像が入った「帰還バージョン」で上映します。
※「今夜の星空解説」はありません