イベントに参加したい

月日 イベント名
7月29日(土)
~7月29日(土)
七夕講演会2023「素粒子と宇宙」※応募終了

七夕講演会2023「素粒子と宇宙」※応募終了

全国同時七夕講演会2023

2009年から続く全国同時七夕講演会の一環として、今年は極小の世界と極大の世界のつながりについて考えます。

 

講師:波場 直之 (大阪公立大学大学院理学研究科 教授)

演題:「素粒子と宇宙」

 

 宇宙には、私たちのいる天の川銀河やアンドロメダ銀河など、たくさんの銀河が存在しています。そのたくさんの銀河は泡状に分布していることが知られています。これは人間が知る最も大きな構造です。
 一方、たくさんの銀河からの光を観測すると、宇宙は現在も広がり続けていることがわかります。ということは、時間をさかのぼると、宇宙はもともと小さかったと予想されます。
 宇宙が初め原子や原子核よりも小さかったとすると、そのふるまいは、ミクロの世界を記述する量子力学に従うと考えられます。その考えに基づいて計算を進めると、確かに、銀河の泡状の分布は、量子力学から導かれるのです。
 講演では、物理の面白さの紹介からスタートして、ミクロの世界の「素粒子」とマクロの世界の「宇宙」をそれぞれ紹介し、両者がどのようにつながっているのかを、お話していこうと思います。
 また、素粒子については、恩師である南部陽一郎先生の研究も少し紹介できたらと思います。
 楽しんでいただけたら嬉しいです!

日時

7月29日(土) 13:30~15:30 (開場 13:00)

場所

大阪市立科学館 研修室 → 多目的室(変更になりました)

対象

内容は中学生以上を対象としていますが、どなたでも参加できます。

定員

80名<応募多数のため抽選となります>

参加費

無料

申込締切

7月5月(水) ※締め切りました

申込方法

大阪公立大学地域連携センター「全国同時七夕講演会2023」係にお申し込みください(外部サイトに接続します)。

主催

公立大学法人大阪 大阪公立大学、地方独立行政法人 大阪市博物館機構 大阪市立科学館

共催

日本天文学会、日本天文教育普及研究会

問い合わせ

大阪公立大学 地域連携センター
〒558-8585 大阪市住吉区杉本3-3-138
TEL:06-6605-3504(平日 9:00~17:00)
E-mail:gr-shak-kouza4c[at]omu.ac.jp
    sharen-kouza-shidai[at]list.osaka-cu.ac.jp 
    ※[at] を@に変えてください

備考

  • 大阪市立科学館公式ネットショップ
  • 月刊うちゅう
  • ポケット学芸員
  • 学芸員の展示場ガイド
  • 大阪市立科学館ご寄附のお願い
  • Osaka Museums 大阪市の美術館・博物館情報
  • 地方独立行政法人 大阪市博物館機構
  • クリエイティブアイランド中之島
  • プラネタリウム100周年