2022年8月

企画展「大阪管区気象台140周年記念 気象の科学展 ~天気予報ができるまで~」

毎日の生活におなじみの天気予報を発表しているのが気象台です。明治15年(1882年)、現在の大阪管区気象台の前身にあたる大阪測候所が設立され、本年7月1日に140周年を迎えます。
天気予報は、いろいろな気象観測の結果をもとにして、将来を予測するものです。そのため天気予報には、気象測器と呼ばれる観測装置が欠かせません。
どのようにして気象観測が行われているのでしょうか。様々な気象測器の変遷とともに、気象観測方法の原理と、天気予報の中にある科学を紹介します。

日時

6月21日(火)~9月4日(日) 9:30~17:00(展示場の入場は16:30まで)
休館日:毎週月曜日(7/18、8/15は開館)、7/19(火)

場所

大阪市立科学館 展示場4階

対象

どなたでも

参加費

無料(但し、展示場観覧料が必要です。)
大人400円、学生(高校・大学)300円、中学生以下無料

申込方法

当日、直接会場へお越しください。

主催

大阪管区気象台、大阪市立科学館

備考
【ご来館にあたってのお願い】
●状況に応じて内容変更や開催見合わせの可能性があります。
●当日の体温が37.5℃以上の方は入館できませんので、ご了承ください。

●入館後、「大阪コロナ追跡システム」へのメールアドレス登録をお願いします。
必ずマスクの着用をお願いします。マスクをお持ちでないお客様の入館はご遠慮いただいております。
●入館時に体温測定を行います。時間に余裕をもってお越しください。
入り口は「正面入り口」のみです。

 バス専用駐車場や自動販売機のある側のスロープの入り口は閉鎖しております。
 車いすご利用の方も、正面入り口へお越しください。
●こまめな手洗い、手指消毒の徹底をお願いします。

気象の科学展 関連講座II:大阪管区気象台講座「気象台のおしごといろいろ」

気象台では天気予報を作るだけでなく、私たちの地球を知るために、いろいろなお仕事をしています。今回は気象台で観測している次の3つの内容について紹介します。
①「南極」:気象庁が行っている南極観測の紹介
②「観測」:気象観測の目的、方法等の紹介
③「地球温暖化」:地球温暖化についての基礎知識と対策の話
※気象・地震等の状況により、講座を中止する場合があります。

講師:大阪管区気象台職員

日時

8月3日(水)
①「南極」10:30~11:30
②「観測」13:30~14:30
③「地球温暖化」15:30~16:30
(複数の講座に参加することも可)

場所

大阪市立科学館 多目的室

対象

小中学生とその保護者(主に小学5~6年生向けの内容です)

定員
各講座20名<申し込み先着順・定員になり次第終了>
参加費

無料

申込締切

当日まで受け付けます。<申し込み先着順・定員になり次第終了>

申込方法

こちらの専用フォームよりお申し込みください。

主催

大阪管区気象台、大阪市立科学館

備考
【ご来館にあたってのお願い】
●状況に応じて内容変更や開催見合わせの可能性があります。
●当日の体温が37.5℃以上の方は入館できませんので、ご了承ください。

●入館後、「大阪コロナ追跡システム」へのメールアドレス登録をお願いします。
必ずマスクの着用をお願いします。マスクをお持ちでないお客様の入館はご遠慮いただいております。
●入館時に体温測定を行います。時間に余裕をもってお越しください。
入り口は「正面入り口」のみです。

 バス専用駐車場や自動販売機のある側のスロープの入り口は閉鎖しております。
 車いすご利用の方も、正面入り口へお越しください。
●こまめな手洗い、手指消毒の徹底をお願いします。

■感染防止策チェックリスト

大阪管区気象台講座「気象台のおしごといろいろ」8月3日

夏休み自由研究教室「風向風速計を作ろう」

夏休み自由研究教室「風向風速計を作ろう」

風が吹いていることは、肌で感じたり木の葉の揺れ方などでわかりますが、どの方角から、どんな強さの風が吹いているのでしょうか?「風向風速計」は、風を観測する道具です。簡単な風向風速計を作って風を調べてみましょう。

日時

8月5日(金)14:00~15:30

場所

大阪市立科学館 工作室

対象

小学3年生~中学3年生
ただし、小学生には保護者(中学生以上)の付き添いが必要です。※付き添いは1名のみ。

定員
9名 <応募多数の場合は抽選>
参加費

500円(付き添いの方は不要)

申込締切

7月25日(月)必着

申込方法

往復ハガキに、必要事項と希望日を記入して、大阪市立科学館「風向風速計を作ろう」係へ
※このイベントは1通の往復ハガキで1人(と付き添い1名)のみ応募可能です。

※申し込みの往復ハガキは1イベントにつき1通のみ有効です。

備考
【ご来館にあたってのお願い】
●状況に応じて内容変更や開催見合わせの可能性があります。
●当日の体温が37.5℃以上の方は入館できませんので、ご了承ください。

●入館後、「大阪コロナ追跡システム」へのメールアドレス登録をお願いします。
必ずマスクの着用をお願いします。マスクをお持ちでないお客様の入館はご遠慮いただいております。
●入館時に体温測定を行います。時間に余裕をもってお越しください。
入り口は「正面入り口」のみです。

 バス専用駐車場や自動販売機のある側のスロープの入り口は閉鎖しております。
 車いすご利用の方も、正面入り口へお越しください。
●こまめな手洗い、手指消毒の徹底をお願いします。
※その他、こちらもご確認ください

■感染防止策チェックリスト

夏休み自由研究教室「風向風速計を作ろう」8月5日

天体観望会「月を見よう」(8/6)

天体観望会

月を望遠鏡で観察すると、「クレーター」と呼ばれる丸い穴のような地形を観察することができます。その他にも、月には山も平地もあり、変化にとんだ月の表面の様子を知ることができます。 科学館の大型望遠鏡を使って、月を観察してみましょう。
※天候不良時は、科学館の望遠鏡の設備見学のみになります。

日時

8月6日(土) 19:30~21:00

場所

大阪市立科学館 屋上 他

対象

小学1年生以上

定員
24名<応募多数の場合抽選>
※小学生の方は、必ず保護者の方と一緒にお申し込みください。
※新型コロナウイルス感染症の状況によっては定員を減らしたり、中止する場合があります。
参加費

無料

申込締切

7月27日(水) 必着

申込方法

往復ハガキに、必要事項を記入して、大阪市立科学館「天体観望会8月6日」係へ
※申し込みの往復ハガキは1イベントにつき1通のみ有効です。

備考
【ご来館にあたってのお願い】
●状況に応じて内容変更や開催見合わせの可能性があります。
●当日の体温が37.5℃以上の方は入館できませんので、ご了承ください。

●入館後、「大阪コロナ追跡システム」へのメールアドレス登録をお願いします。
必ずマスクの着用をお願いします。マスクをお持ちでないお客様の入館はご遠慮いただいております。
●入館時に体温測定を行います。時間に余裕をもってお越しください。

●こまめな手洗い、手指消毒の徹底をお願いします。

■感染防止策チェックリスト

天体観望会「月を見よう」8月6日

夏休み自由研究教室「瞬間冷却パックを作ろう」

夏休み自由研究教室「瞬間冷却パックを作ろう」

暑い夏を化学の力ですずしく過ごそう!薬品と水を袋の中で混ぜるだけで、びっくりするほど冷え冷えに。冷えるヒミツを学びながら、冷却パックを作ります。どうすればより冷える冷却パックができるか、工夫してみましょう。

日時

8月10日(水)、8月11日(木‣祝) 各日14:00~15:30

場所

大阪市立科学館 工作室

対象

小学3年生~中学3年生
ただし、小学生には保護者(中学生以上)の付き添いが必要です。※付き添いは1名のみ。

定員
各日9名 <応募多数の場合は抽選>
参加費

500円(付き添いの方は不要)

申込締切

7月25日(月)必着

申込方法

Webフォームまたは往復ハガキで申し込みください。

 

Webフォームでお申し込みの方は、こちら

 

往復ハガキでお申し込みの方は、必要事項と希望日、保護者の参加有無を記入して、大阪市立科学館「瞬間冷却パックを作ろう8月10日または8月11日」係へ

 

※このイベントは1通の往復ハガキで1人(と付き添い1名)のみ応募可能です。

※申し込みの往復ハガキは1イベントにつき1通のみ有効です。

備考
【ご来館にあたってのお願い】
●状況に応じて内容変更や開催見合わせの可能性があります。
●当日の体温が37.5℃以上の方は入館できませんので、ご了承ください。

●入館後、「大阪コロナ追跡システム」へのメールアドレス登録をお願いします。
必ずマスクの着用をお願いします。マスクをお持ちでないお客様の入館はご遠慮いただいております。
●入館時に体温測定を行います。時間に余裕をもってお越しください。
入り口は「正面入り口」のみです。

 バス専用駐車場や自動販売機のある側のスロープの入り口は閉鎖しております。
 車いすご利用の方も、正面入り口へお越しください。
●こまめな手洗い、手指消毒の徹底をお願いします。
※その他、こちらもご確認ください

■感染防止策チェックリスト

夏休み自由研究教室「瞬間冷却パックを作ろう」8月10日、8月11日

第31回 青少年のための科学の祭典 大阪大会 2022サイエンス・フェスタ(会場:大谷中学校・高等学校)

新しい会場で3年ぶりの対面イベントになります。今回も中学や高校、大学、企業などが実験ブースや講演会を開催するほか、新たにダイナミックな実験を披露する野外実験ブースも開設予定です。
「ウィズ/ポストコロナ時代にいきる」をメインテーマに掲げ、身近な日常生活の中で、科学がどのように生かされているかを改めて考察し、子どもから大人まで、広く情報発信する機会といたします。

日時

8月20日(土) 、8月21日(日) 10:00~17:00

場所

大谷中学校・高等学校(大阪市阿倍野区共立通り2丁目8-4)

【最寄駅】

Osaka Metro谷町線「阿倍野」駅 他

くわしくは大阪大会のホームページをご確認ください。

※科学館では行いませんので、ご注意ください。

対象

どなたでも

定員

なし

参加費

無料

参加方法

当日、直接会場へお越しください。

※上履きが必要です。

※今年は、定員制の工作教室は行いません。会場の混雑状況によっては入場制限をする場合がありますので、大阪大会のホームページをご確認ください。

問い合せ

問い合わせ:「青少年のための科学の祭典」大阪大会実行委員会(読売新聞大阪本社企画事業部内)
電話:06-6366-1848(平日10:00~17:00)

■感染防止策チェックリスト

第31回 青少年のための科学の祭典 大阪大会 2022サイエンス・フェスタ 8月20日、8月21日

おうちで科学とものづくり!オンライン教室4「ゆらゆらアクアリウムを作ろう!」

5月から毎月1回、ものづくりのオンライン教室を開催します。みなさんのものづくりをお手伝いするのは科学デモンストレーター(ボランティア)です。離れていても一緒に科学とものづくりを楽しみましょう!

材料セットは科学館からおうちにお届けします。前半(40分間)は基本の実験や工作を一緒に楽しみましょう。休憩をはさんで、後半(40分間)は、みんなで作品を見せ合いっこしながら、もっと工夫を楽しみ、じぶんだけのものづくりに挑戦しましょう!

いろんな材料の使い方も設計図も自分で決める、ティンカリングを取り入れたものづくり教室です。

8月は「ゆらゆらアクアリウムを作ろう!」
浮沈子って知っていますか。水の入ったペットボトルに閉じ込めると、浮かばせたり沈ませたり、まほうのように自由にあやつることができます。いったいどんなしくみでしょうか。ヒミツがわかったら、それを上手に使って、ゆらゆら泳ぐ自分だけのアクアリウム(水族館)を作りましょう!
(2022年8月のものづくり教室と同じ内容です。)

日時

2022年8月28日(日)
(A組)13:00-14:30(途中休憩あり)
(B組)15:00-16:30(途中休憩あり)

場所

オンラインで開催します。
来館してご参加いただくことはできません。

対象

小学1年生以上(小学校高学年~大人におすすめです)
お子様は必ず大人が見守ってください。

定員

各組20名<応募多数の場合抽選>

参加費

無料(視聴に伴う通信料等は参加者のご負担となります)

用意するもの

材料キットは科学館からおうちにお届けします。
以下のものをご準備ください。
(1)筆記用具、はさみ、セロハンテープ、のり
(2)フタつきペットボトル 1本(表面にでこぼこがないもの。炭酸飲料の500mL以上のものがオススメです)
(3)水の入った透明なコップ 1つ(高さ10cm程度まで水を入れてください)
(4)洗面器やおぼん 1つ(この中で実験します)
(5)ふきんやタオル(水がこぼれたらふきましょう) 

申込受付

2022年6月4日(土)~2022年8月6日(土)17:00
申し込み多数の場合は抽選です。締め切り後、なるべく早く参加の可否をお知らせします。

申込方法

こちらから申し込みフォームを送信してください。

(お問い合わせはこちら

主催

大阪市立科学館

企画・講師

大阪市立科学館科学デモンストレーター(ボランティア)

ご注意

ご参加いただくためには、インターネット接続されたパソコンやスマートフォン、タブレット等が必要となります。 動画配信となりますので、通信量が大きくなります。Wi-Fi接続等でない場合はご注意ください。

この教室は2022年度全国科学博物館活動等助成事業の助成を受けて行われます。

  • 大阪市立科学館公式ネットショップ
  • 大阪市立科学館ご寄附のお願い
  • Osaka Museums 大阪市の美術館・博物館情報
  • 地方独立行政法人 大阪市博物館機構
  • 科学館だより夏号
  • 学芸員の展示場ガイド
  • ポケット学芸員
  • 月刊うちゅう
  • クリエイティブアイランド中之島