1. TOP
    2. スタッフだより
    3. 第107回 プラネタリウム解説デビュー裏話

スタッフだより

科学館で働くスタッフを紹介します

科学館ってどんなところ? どんな人たちが働いているの? などなど、いろいろな角度から大阪市立科学館をご紹介します。

第107回 プラネタリウム解説デビュー裏話

2016年12月2日

今回のスタッフだよりは、プラネタリウム解説デビューから半年をむかえた西岡学芸員に話を聞きました。

そもそも…プラネタリウムの解説席はどこにあるんでしょうか?

 大阪市立科学館では、プラネタリウムホールの一番うしろでお話しています。プラネタリウムの操縦席になっていて、星を出したり動かしたり、星座絵を出したり…。色々な操作をするための機械やボタンがたくさんあります。ちなみに、この操縦席のことをコンソールといいます。




デビューしたときのことは覚えてますか?

 もちろんです!デビュー記念日は、2016年4月28日でした。解説練習を始めて約1か月。デビュー当日は、朝からとても緊張でした。前日、前々日の練習も緊張しすぎて汗びっしょり…。本番の緊張はどうなることか…と思っていたのですが、いざプラネタリウムホールに行くと、写真を撮ってもらったり、とにかく、「準備をしなければ!」という気持ちとで、思っていたほどの緊張はありませんでした。しかも、遠足で来てくれている小学生のワクワク空気がホールに広がっていて、私も楽しい気持ちになりました。
そして、いよいよ投影開始の時間が…。やっぱり、とても緊張して手が震えました。
でも、そこで助けてくれたのは、お客さま。星を指さしてくれたり、私が話すことに反応してくれたり、楽しそうに星を見てくださっていました。その空気に助けてもらって、私も、緊張はしましたが、楽しく投影することができました。そして、ずっとお世話になっていた学芸員さんに横で見守っていただいていたことも、とても心強かったです。

デビュー日のことは『科学館のできごと』で紹介してもらいました☆

(科学館のできごと は こちら)


どんな練習をしたんですか?

①台本作り&セリフ覚え  …話す内容を考えて、ひたすらつぶやいて覚えます。
②操作を覚える  …内容に合わせた星空を出せるよう、プラネタリウムの操作を確認・覚えます。
③イメージトレーニング&セリフの調整  …操作をしているつもり、本番のつもりで、しゃべる練習をします。このとき、セリフを読んでいる感じになってないか、自然にしゃべれているかも確認します。
④コンソールで実際に投影練習  …本番と同じように練習します。
私はこんな感じで練習していました。今も、新しいプログラムの練習など、基本的には同じです。


操作を教えてもらっている様子
(コンソールにて)

投影はもう慣れましたか?

 操作やしゃべることには少しずつ慣れてきたのですが…。星は毎日少しずつ動いているんです!
見えていた星が沈んで見えなくなったり、新しい星が昇ってきたり…星空は少しずつ変わります。そのため、星や星座の勉強をしたり、紹介する内容やストーリーを考えたり。決められた時間の中で、どうすればわかりやすいか、興味を持ってもらえるか、また、実際の空でも星を見たいと思ってもらえるか…などなど。天文の知識だけでなく、言い回しや表現方法など、勉強と試行錯誤の毎日です。まだ星空が変わっていくと準備にあたふたしていますが、新しい星空との出会いは楽しくて、常に新鮮な気持ちです。


プラネタリウムを見るときのポイントってありますか?

 見るときのポイント、ではないかもしれないのですが。。。 同じような星空の解説でも、解説者や場所(施設)によって雰囲気は結構違います。星空を映し出す機械(投影機)も違っていて、現在、大阪市立科学館では丸い形をした投影機(写真:左)を使っていますが、大阪市立科学館の前身である大阪市立電気科学館では、ダンベルのような形の投影機(写真:右)を使っていたようです。ちなみに、大阪市立電気科学館のプラネタリウムは日本初のプラネタリウム!!使われていた投影機は、現在、大阪市指定文化財に登録されています。科学館に実物を展示していますので、ぜひご覧になってみてください。そして、投影中はゆったりと満天の星空をお楽しみください☆

 
インフィニウム L‐OSAKA(現在使用中)    カールツァイスⅡ型


最後にひとこと

西岡里織学芸員

たくさんの方に助けていただいて、デビュー、そして、解説半年記念日(?)をむかえることができました。
これからも、たくさんの方にワクワクしていただけるような、星を見たいと思っていただけるような解説ができるように頑張ります!
みなさん、ぜひプラネタリウムに遊びに来ていただいたあとに、本当の星空を見上げてみて下さい。今までとは一味違った星空の世界に出会えるかもしれません☆
  • 開催日カレンダー
  • プラネタリウム スケジュール
  • 交通アクセス