スタッフだより

第143回 プラネタリウム「火星ふたたび接近中!」

2020年10月2日

今回のスタッフだよりは、プラネタリウム「火星ふたたび接近中!」の企画を担当した西岡学芸員に話を聞きました。

「ふたたび」って、どういうことですか?

 2018年、火星が地球ととても近づき、夜空で明るく見えていました。「火星大接近」と話題にもなっていたのですが、今年の秋、火星がふたたび地球に近づき、夜空で明るく輝いています。
 2018年の接近よりも距離は少し遠くなりますが、それでも、2018年に匹敵するくらい近づき明るく見えるので、「火星『ふたたび』接近中!」としてみました。火星と地球の距離は近づいたり遠くなったりします。また、「接近」と一言で言っても、とても近づく大接近のときと遠い接近のときとでは、その距離は2倍近くも違います。そのため、夜空で見える明るさも、望遠鏡で見たときに見える火星の大きさも全然違ってくるのです。
 次に今年と同じくらい近づくのは、13年後です。そのため、今年はぜひ、火星に注目していただきたい!という訳なんです。

今回の話に火星人が登場するのですか?

 登場します。…というのも、私の「火星と言えば…」が『火星人』だったんです。子どもの頃にアニメで見た、赤いクラゲのような火星人が妙に印象に残っていて…。現在、探査機が実際に火星に行って着陸もしています。火星とはどのような星なのか、どのような風景が広がっているのか、私たちは、探査機を通して実際の火星の姿を近くから見ることができます。しかし、初めて探査機が火星に近づき火星表面の写真を送ってきたのは1965年のこと。たった55年前のことです。それまでは、地球から望遠鏡で観測し、その観測結果をもとに、火星とはどのような星か、植物はあるのか、生命はいるのか、様々なことが考えられ、人々の火星への好奇心も膨らみました。火星は多くの人の想いが詰まった星でもあります。今回のプログラムでは、そんな人々の火星への想いや観測の歴史も紹介したいと思い、ちょこっと火星人に登場してもらいました。

火星には運河があると思われていたんですか?

 そのようです。火星を望遠鏡で見ると、筋のようなものがたくさん見えたそうです。ただ、最初は「運河」だとは思われていなかったのですが、イタリア語からフランス語や英語に訳されていく中で、「運河」という意味の単語が使われてしまいました。実際、筋はまるで海と海をつなぐ運河のようにも見え、「火星に運河が見つかった!」と広まってしまったんです。
 また、火星の北極や南極には氷と思われる白い部分があり、大きさが変わることが観測されていました。こういったことからも、氷が融けた水を運河で火星全体に運んでいるのでは…?という考えにつながったのですね。
 そして、運河があるということは、それを作った知的生命体がいるハズ!?望遠鏡での観測の結果、火星について色々なことがわかり、様々なことが考えられました。しかし、実際に火星に行ってその姿を見るまでは、誰も本当の火星の姿はわからなかったんです。結局のところ運河は見つかりませんでしたが、人々はどのような火星の姿をイメージしていたのでしょうか…。写真は地球の運河、オランダの風景です。

他に、今回のプログラムの見どころは?

 火星に行った探査機が実際に見た、火星の風景です!技術の進歩とともに、探査機が火星まで飛んで行き、その探査機を通して、直接火星を観測することができるようになりました。火星には、どのような風景が広がっていたのか?着陸した探査機が見た火星の姿とは?ぜひプラネタリウムでは、火星に行ったつもりで周りをグルっと見渡してみて下さい。
 そして…火星では、地球で見られるような雲や霧も観測、目撃されています!ぜひ、そんな火星で起こっている現象にも注目してみて下さい。

最後にひとこと


西岡 学芸員

今回のプラネタリウム番組は、当館で天王星を本格的に取り上げる初めての番組です。天王星発見当時の様子、天文学者が天王星の姿を少しずつ解き明かしてきた過程を紹介しています。
また、新発見は単に偶然だけでなく、歴史や文化、その土地の雰囲気などにも影響されると考えられます。そうしたことから、今回の天王星のプラネタリウム番組では、現地で撮影した写真を交え、実際に発見した土地の様子も紹介しています。

西岡 里織のホームページ

  • 大阪市立科学館公式ネットショップ
  • 大阪市立科学館ご寄附のお願い
  • Osaka Museums 大阪市の美術館・博物館情報
  • 地方独立行政法人 大阪市博物館機構
  • 科学館だより夏号
  • 学芸員の展示場ガイド
  • ポケット学芸員
  • 月刊うちゅう
  • クリエイティブアイランド中之島