スタッフだより

第62回 プラネタリウム新プログラム「オーロラ」

2012年12月7日

いよいよ12月からプラネタリウム、新プログラムが始まります!今回のスタッフだよりはプラネタリム「オーロラ」のみどころについて西野学芸員に聞きました。

昨年度冬に大好評をいただいたプラネタリウム「オーロラの世界」が、美しい全天周映像となって帰ってきました。もちろん、当館オリジナル作品です。
前作を超える美しいオーロラ映像と、CGを駆使しての科学的解説を織り交ぜながら、そのふしぎな光の正体にせまります。

―――オーロラについて教えてください

オーロラは、雲よりも飛行機よりも高い、地上からおよそ100km~400kmのところで光ります。地上400kmというと、大気は地上に比べて1兆分の1くらいの密度です。限りなく宇宙空間に近い世界。オーロラが輝いているのは、宇宙と地球が出会う場所、なのです。

―――オーロラは何でできているのですか?

オーロラのもとは、宇宙からふりそそぐ電気を帯びた電子です。それが地球の周りにある磁場の影響で、高緯度地域の上空に飛び込んできます。すると、上空にある極めて薄い大気中の酸素や窒素が光るのです。

では、この電子は、宇宙のどこからやってきているのでしょうか?オーロラのふるさと、とも言える場所は、一体どこにあるのでしょう。その真相は、ぜひ当番組にてお確かめください!

最後にひとこと


西野学芸員

さあ、全天に拡がるオーロラに、あなたも包まれてみませんか。 ※ 前半に、今夜の星空解説があります。※「オーロラ」は、2012年12月7日(金)から2013年2月24日(日)まで投影しています。

オーロラの予告編動画はこちら。
天文のすすメ―宇宙を見上げよう―

  • 大阪市立科学館公式ネットショップ
  • 大阪市立科学館ご寄附のお願い
  • Osaka Museums 大阪市の美術館・博物館情報
  • 地方独立行政法人 大阪市博物館機構
  • 科学館だより夏号
  • 学芸員の展示場ガイド
  • 月刊うちゅう
  • クリエイティブアイランド中之島