1. TOP
    2. スタッフだより
    3. 第133回 展示場のリニューアル

スタッフだより

科学館で働くスタッフを紹介します

科学館ってどんなところ? どんな人たちが働いているの? などなど、いろいろな角度から大阪市立科学館をご紹介します。

第133回 展示場のリニューアル

2019年2月2日

今回のスタッフだよりは、この春にお披露目予定の展示場リニューアルについて、小野学芸員に話を聞きました。

 現在、久々に展示場の改装を行っています。前回の展示改装は2008年7月に行いましたので、10年以上ぶりの作業です。今回の展示改装は、展示場の4階の前半部分で行っています。展示場の4階のテーマは「宇宙とその発見」。このテーマ自体の変更はなく、主に天文関係の展示をリニューアルしている真っ最中です。ちょっと分かりにくいかもしれませんが、図1の図面上で色が塗られている部分が大きく変わります。

 この4階展示場には、25年近く設置している展示物もあります。そのため、どうしても展示が古くなり、メンテナンスに手間がかかったり、情報がアップデートされていなかったり、展示物自体がボロボロなどでお客様をお迎えするにも不都合なことがありました。実は、展示物自体のボロは、毎日展示物を点検している私たちは、展示場の照明の加減もあって、「ボロの状態」が普通の状態に見えてしまうので、このあたりについては鈍感になっていました。
 それでも、新しい展示物を単品製作で導入したり、他館の新しい展示を見た後は、ああ、ボロい…と気づき、悲しくなるのでした。
 そして今回、約1億円の規模でこれら古かった展示物を置き換え、最新の科学的知見や、これまでの展示製作の工夫を生かしながら、今までにない天文関係の展示物を導入することができるようになりました。

現在の展示場は?

 展示物を新しく入れるためには、現在まで使っていた展示物を撤去しなければなりません。さすがに長年使って、大事にしていた展示物がなくなるのは悲しいのですが、新しいものを作り出すために泣く泣く撤去作業をしてもらいます。ここは、あまり皆さんには見てもらいたくない景色です。というか、こんなところも休館中のツアーとして見てもらうのも「あり」、だったのかもしれません。
 現在は、古い展示物が撤去され、新しいカーペットで床がきれいになっています。


新しい展示

 新しい展示を作るには、各学芸員がテーマを決めたり、業者からの提案を受けて、その内容を精査して作っていきます。今回はプロポーザルという形式で、業者さんの提案を受け、それらについて、内容を確認し、より良い手法に置き換えながら展示の製作を進めており、天文担当学芸員の皆さんが大活躍しています。
ちなみに展示全体に関する会議が2週間に1度の割合であり、その間、メールでのやり取りや、分科会と言って、各担当者が抱える展示案件について随時打ち合わせを行い、1つ1つ展示の製作や、キャプションの制作作業を進めているところです。
 今回の展示改装では、新規製作、既存展示の改修等を含めて40点以上の展示が新しくなります。その中の展示2つほどご紹介しましょう。
 まず、お客様の皆様が地下1階でエレベーターに乗り、4階で降りると前に現れるのは、激しい太陽活動を間近に観察することのできる太陽の展示です。これは、5億分の1の大きさの太陽の半球に、さまざまな太陽観測衛星で観測された映像を、プロジェクションマッピングの技術により、観察できるようにしたものです。
 本物の太陽は、とてもまぶしくて見ることができませんが、さまざまな波長で観察した時に、太陽はどのような表情を見せているのかを可視化したものです。実際の観測映像を映し出しておりますので、とても迫力があります。太陽表面に見えるプロミネンスなども、試写の時にははっきりと見えていました。光り輝いている太陽が、どんな表情を見せているのか、ぜひこの展示で確認してください。

 また、展示製作当時(1994年)、国内の科学館としては、初めて実物の元素を一覧できるようにした周期表の展示も今回新しく作り変えます。実際に私たちが手にすることのできる元素は、当時から変わりませんが、この25年間に新しい元素が合成され、113番目の元素は、ご存知のニホニウムと命名されましたね。これまでは、私が自作したパネルを入れて、ご覧いただいていたわけですが、今回は業者さんがきれいに作るパネルを使うので、118個の枠がきれいに収まった、新しい周期表をご覧いただけるようになります。


最後にひとこと

小野昌弘学芸員

ということで、現在3月30日(土)のリニューアルオープンに向けて鋭意作業中の展示改装、皆様お楽しみに!

  • 開催日カレンダー
  • プラネタリウム スケジュール
  • 交通アクセス