1. TOP
    2. スタッフだより
    3. 第5回  「結晶の世界」

スタッフだより

科学館で働くスタッフを紹介します

科学館ってどんなところ? どんな人たちが働いているの? などなど、いろいろな角度から大阪市立科学館をご紹介します。

第5回  「結晶の世界」

2007年10月6日

現在開催中のサイエンスショーの企画担当者である 小野学芸員をご紹介します。
小野学芸員
◆小野学芸員

サイエンスショーのテーマは、「結晶をつくろう」。
小野学芸員
◆サイエンスショー実演中

それでは、今回のサイエンスショーの見どころは?

「今回のショーの見どころは、様々な種類の美しい結晶をみることができるということでしょう。
身近にあるもの、例えば塩。顕微鏡で見ると・・どんな形をしていると思いますか?

自然界のなかでゆっくりゆっくり形作られ、できあがったものが、こんな形をしているんだ!、こんなにきれいなんだ!ということに、気づいてもらえたらなぁと思います。
自然がつくる美しい世界を堪能してみてください。
ミョウバンの結晶
◆中央の1.5kgの結晶は、
なんと5年かけて作られたものです。

それから結晶ができる様子も目の前でご紹介しますよ。
それでは、結晶ができる様子を動画でご覧ください。

■酢酸ナトリウム 結晶ができる様子( 動画再生)

サイエンスショーを見て、家に帰って、自分で結晶をつくってみてはいかがでしょうか?尿素の結晶がおすすめです。「さんご」のような結晶を作ることができますよ。」
尿素の結晶
◆これも結晶「尿素」
◎尿素の結晶の作り方はこちら(PDFファイル

今回のサイエンスショーは11月25日(日)まで開催します。お見逃しなく。
  • 開催日カレンダー
  • プラネタリウム スケジュール
  • 交通アクセス